KリーグがIFFHS選定11年連続アジア最高に。Jリーグや川崎Fの順位は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のプロサッカーKリーグが、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が選定するアジアプロサッカー1位の座を11年連続で守った。

IFFHSは最近ホームページを通じて、2021年の全世界プロサッカーリーグ順位でKリーグを22位にした。アジアサッカー連盟(AFC)所属のプロリーグの中で最も高い順位だ。Kリーグは2011年から11年連続でIFFHSアジアプロサッカーリーグ1位にある。

【動画】韓国全土に衝撃与えた日本人Kリーガーのハットトリック

昨年のKリーグ換算点数は577.5点(22位)だった。日本のJリーグが449点(34位)、イランのペルシアン・ガルフ・プロリーグが404点(40位)、サウジアラビアのプロフェッショナルリーグが362点(48位)でそれに続いた。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)

昨年の最高プロリーグはブラジルのセリエA(1406点)、イングランド・プレミアリーグ(1204点)、イタリアのセリエA(1060.5点)の順だった。

IFFHSが発表したプロクラブ・ランキングでは蔚山現代(ウルサン·ヒョンデ)がアジアで最も高い61位となった。

全北現代(チョンブク・ヒョンデ)は日本の川崎フロンターレと同じく101位。大邱(テグ)FCは144位、浦項(ポハン)スティーラーズは152位だった。

【動画】元Jリーガーの超絶FKが韓国で話題。相手GK棒立ち、味方も唖然

【動画】これが日本人Kリーガーの“悪魔の才能”!邦本宜裕の圧巻テクニック

【動画】“日韓戦”惨敗の韓国代表、悲痛な帰国現場

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集