元セレッソ大阪MF丸岡満、新天地は韓国2部新規参入クラブか。監督は元C大阪コ・ジョンウン

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてセレッソ大阪、ドルトムント、V・ファーレン長崎、レノファ山口、BGパトゥム・ユナイテッドに在籍したMF丸岡満(25)の新天地は、韓国の金浦(キムポ)FCとなる見通しだ。

【関連】元日本代表や欧州組も!歴代の日本人Kリーガーを一挙紹介

韓国メディア『スポーツ朝鮮』が12月30日までに報じたところによると、丸岡が金浦FCに移籍する見通しだという。

同メディアは「かつてドルトムントでプレーした丸岡が金浦FCのユニホームを着てKリーグに進出する。新生チームの金浦FCが外国人選手に丸岡を選択した」と、Kリーグの移籍市場に詳しい関係者の言葉を伝えている。

(写真提供=YUTAKA/アフロスポーツ)セレッソ大阪時代の丸岡満

金浦FCは去る2013年に「金浦市民サッカー団」として創設され、近年はセミプロのK3リーグ(3部相当)に所属していたクラブ。2021年から名称を現在の「金浦FC」に変更し、同年シーズンはK3リーグで優勝を果たした。

今年10月にはオーナーのチョン・ハヨン金浦市長がクラブのプロ化を宣言し、Kリーグを管轄する韓国プロサッカー連盟にプロリーグ会員加入申請書を提出。連盟が12月の理事会でプロリーグ加入を承認したことで、金浦FCは2022シーズンからプロのKリーグ2(2部)に参入することになった。

なお、2020年からチームを率いるコ・ジョンウン監督は、KリーグからJリーグに初めて進出した韓国人選手として、1997~1998年にセレッソ大阪でプレーしたことがある。

また、金浦FCでは2021シーズン、流通経済大学出身で横浜FC、トンベンセFC(ブラジル)、プレストン・ライオンズ(オーストラリア)、SC相模原に在籍したFW立花歩夢(26)もプレーしていた。

【動画】これが日本人Kリーガー邦本宜裕の“悪魔の才能”だ!最終戦で見せた超絶テクニック

【動画】韓国全土に衝撃!日本人Kリーガー、石田雅俊が決めた圧巻ハットトリックがコレだ

【関連】横浜FM天野純、韓国1部の蔚山現代に移籍か…背景に日本人コーチの強い推薦

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集