今季無冠の蔚山現代、Kリーグ準優勝だけで最多10回目…またしても“宿敵”全北現代の後塵を拝す

2021年12月06日 サッカー #Kリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

「くじけるな、希望はある」

「強いチームが勝つんじゃない。勝ったチームが強いんだ」

「難関は落胆ではなく奮発のためにある。我々の信頼を結果で見せてくれ」

【関連】G大阪と契約満了のキム・ヨングォン、蔚山現代加入間近?

Kリーグ1(1部)最終節の蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)対大邱(テグ)FCが行われた蔚山文殊サッカー競技場では、わずかな可能性が残った逆転優勝を期待する蔚山現代ファンの願いが書かれた横断幕が目に入った。

だが、最後まで奇跡はなかった。

逆転優勝を願う蔚山現代ファンの横断幕

ホン・ミョンボ監督体制で16年ぶりのKリーグ優勝を目指した蔚山現代は大邱FCを2-0で下すも、同日、全北現代(チョンブク・ヒョンデ)モータースが済州(チェジュ)ユナイテッドに2-0で勝利したことにより、逆転優勝とはならず。

勝ち点74の蔚山現代は全北現代(勝ち点76)との2ポイント差を詰められず、3年連続Kリーグ1準優勝にとどまった。

蔚山現代の選手、フロント、ファンは全員、逆転優勝に期待をかけていた。奇跡のためには大邱FC戦の勝利が必須だった。ホン・ミョンボ監督は試合前、「選手に“0.01%でも可能性があれば最善を尽くすべきだ”と伝えた」と、後悔なく試合を戦う決意を表していた。

大邱FCも3位争いを制するべく全力を傾けたが、モチベーションは蔚山現代の方が高かった。試合開始から徹底的に大邱FCを攻めたて、今季ヤングプレーヤー賞候補のDFソル・ヨンウ(23)が1ゴール1アシストの活躍を披露。前半18分にMFウォン・ドゥジェ(24)のスルーパスから先制点を決めた後、同ロスタイムには正確なクロスでFWオ・セフン(22)の得点をアシストした。

しかし、蔚山現代ファンの歓呼は後半、ため息に変わった。同時刻にキックオフした全北現代対済州で全北現代が後半に2得点を挙げたことで、蔚山現代の優勝の可能性が事実上消えたからだ。

ホン・ミョンボ監督は試合前、「全北現代の結果は確認しない」と話していたが、アウェーに駆け付けた大邱FCのファンは、全北現代の得点が生まれるたびに歓呼の声を上げた。蔚山現代のファンもしばらく応援を止め、全北現代の結果を確認してはため息をついていた。

こうした雰囲気から蔚山現代の選手たちも感づいたのか、後半中盤は攻撃のテンポが落ち、大邱FCに鋭いカウンターを許す場面が増えた。それでも、終盤のFWエジガル(34)退場による数的優位もあり、大きなピンチもなく2-0の勝利で試合を終えた。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ホン・ミョンボ監督

ピッチ上の選手、観客席のファンは大邱FC戦勝利も笑顔はなかった。マイクを握ったホン・ミョンボ監督は「準優勝に終わって申し訳ない」と謝ると、「蔚山現代ファンはこれ以上失望しないでほしい。我々のチームは一貫性のあるサッカーで、今季Kリーグのチームで最も良いシーズンを送ったと自負している」と叫んだ。すると、観客席からは大きな拍手が沸いた。

蔚山現代はホン・ミョンボ監督就任以降、実利的な守備戦術に加えて2列目の攻撃陣のパフォーマンスを最大限発揮させ、全北現代と熾烈な優勝争いを繰り広げた。

昨季得点王のFWジュニオール・ネグラン(34、長春亜泰)の穴を埋められず、全北現代との極限の勝負で敗れたものの、全北現代や浦項(ポハン)スティーラースといったライバル対決で優位を見せ、“敗北のトラウマ”を取り除くなど、もう一段階進化したチームになったと評価されている。

ホン・ミョンボ監督の発言は、チームやファンに対するただの慰めなどではなく、来季再び優勝に挑戦できるという希望に満ち溢れたものだった。

【関連】蔚山現代所属の韓国代表選手、コロナ防疫違反で制裁金250万ウォン

【関連】ACLの外国人枠、現行の「3+1」から「5+2」に拡大

【一問一答】「自分は敗者」“日本人Kリーガー”石田雅俊が挑戦を続ける理由

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集