過去には1年間の出場停止も…韓国プロ野球界の不祥事遍歴

このエントリーをはてなブックマークに追加

遠征先の宿舎で新型コロナ防疫規則を違反し、物議をかもした韓国プロ野球NCダイノス選手4人が、72試合の出場停止を受け、事実上シーズンアウトとなった。

韓国野球委員会(KBO)の賞罰委員会は7月16日、ソウル道谷洞(トゴクドン)のKBO会館で賞罰委員会を開き、NCダイノス所属のパク・ソクミン、イ・ミョンギ、クォン・ヒドン、パク・ミヌらに、それぞれ72試合の出場停止と、制裁金1000万ウォン(約100万円)を課した。

NCダイノスは16日現在、74試合を消化した状態だ。シーズン144試合のうち70試合を残しているため、出場停止を受けた4人は今季プレーすることができない状況となった。

過去には1年間の出場停止事例も…

東京五輪代表を辞退したパク・ミヌ

賞罰委員会は、新型コロナの拡散が厳しい状況で、政府による首都圏においての5人以上の私的な集まりの禁止を違反して、社会的に大きな物議をかもし、試合を控えた状況にもかかわらず遅い時間まで飲酒するなど、プロ野球選手としての基本的な本分を守れていないとし、品位を傷つける行為に当たると判断し、重い処分を下した。

今回シーズンの約半分を出場停止にするという重い処分となったが、これまでKBOの賞罰委員会が下してきた強い罰は、いずれも“八百長”関連の事案だった。

今回と同じNCダイノスの案件では、2015年に当時所属していたイ・テヤンは、計4回の八百長に加担し、永久除名処分を受けている。

また3度の飲酒運転が摘発された元メジャーリーガーのカン・ジョンホは2020年5月、賞罰委員会から1年間の有期失格とボランティア活動300時間の制裁を受け、事実上、国内舞台への復帰が頓挫した。

【関連】元阪神タイガースのオ・スンファンとの違いが明確に…飲酒運転事故のカン・ジョンホ

元メジャーリーガーのカン・ジョンホ

飲酒運転への制裁重く

また2019年2月には、遠征先の宿舎で起こした飲酒と性的暴行について、容疑なしという処分を受けたパク・ドンウォンとチョ・サンウ(以上、キウム・ヒーローズ)は、社会奉仕活動80時間の制裁を受けた。しかし原告らは判決が確定する前に、KBO事務局の参加活動停止措置により、約8カ月間の球団活動(練習、試合)に参加できず、給与も支払われなかった。

不正行為や品位を損なう行為と関連した事実を認知した場合、または申告・確認の過程で、該当職務の遂行に支障があると認めた場合、品位を損なった者と不正行為を犯した者の制裁が決まるまで、参加活動(職務)を中断できるという野球規約の規定による。

そして2019年4月には、飲酒運転を球団に申告しなかったカン・スンホ(当時SKワイバーンズ、現斗山ベアーズ)に90試合の出場停止、制裁金1000万ウォン(約100万円)、180時間のボランティアという処分が下された。同年2月には飲酒運転後、車で寝ていたところを摘発されたユン・デヨン(LGツインズ)が、この基準に従って50試合の出場停止、制裁金300万ウォン(約30万円)、80時間のボランティアという懲戒処分を受けている。

ほかにもロッテ・ジャイアンツのベテラン投手、ソン・スンジュンは2021年初頭、禁止薬物所持の疑いで72試合出場停止の懲戒処分が下された。しかしこれは賞罰委員会ではなく、上級団体の韓国ドーピング防止委員会(KADA)の決定であり、ソン・スンジュンは判決を不服として控訴を進めている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集