「経験は日本だがカタールは無視できない長所も」韓国メディアのアジア杯決勝展望とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年アジアカップも残すところあと1試合となった。決勝戦の対戦カードがついに決まった。

準決勝でイランを下した日本と、開催国UAEに勝ったカタールが優勝トロフィーをめぐって争う。 両チームは2月1日、決勝戦を行う。

日本はアジアカップの絶対強者だ。通算4回チャンピオンになった最多優勝チームである。

1992年に初優勝して以来、アジアカップに強い一面をのぞかせてきた。2000年と2004年に連覇し、2011年大会でもトロフィーを獲得した。韓国が59年間、イランが43年間優勝できずにいる間に王座を独占した。

(関連記事:その美しさからタレントにも転身した歴代“サッカー応援美女”を一挙紹介!!【PHOTO】

まさに優勝DNAを持つチームだ。 前大会優勝をオーストラリアに奪われた日本は、8年ぶりの王座奪還に挑む。

(出典=FOXスポーツ・アジア)シャビの予想ではカタール勝利だったが…

日本に対抗するカタールは新興強者だ。カタールは1980年、アジアカップに初めて出場した。決勝進出は今回が初めてだ。それどころか今大会前までは準決勝にも進出したことがなかった。

4年前のオーストラリア大会では決勝トーナメントに進出できなかった。中東の伏兵として位置づけられて久しいが、アジアカップでは頭角を現せなかった。そんなカタールが歴史的な初優勝を成し遂げるためには、あと1歩が残っている。

経験では日本が優勢も、カタールも無視できず

興味深いことに、両チームともに準決勝で大勝し、勢いに乗っている。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集