バルセロナ下部組織出身の韓国人FWが23歳で現役引退…ユース年代の指導者として再出発へ

2022年01月06日 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナ下部組織出身の元U-17韓国代表FWチャン・ギョルヒ(23)が第一線を退き、指導者として新たなスタートを切ることになった。

【関連】「久保建英は僕の競争相手じゃない」“韓国のメッシ”の素顔

『スターニュース』などの韓国メディアが報じたところによると、2021シーズンをK3リーグ(セミプロ、3部相当)の平沢(ピョンテク)シチズンでプレーしたチャン・ギョルヒが同年限りで現役を退き、指導者に転向することを決意したという。

1998年4月4日生まれのチャン・ギョルヒは、かつてFWイ・スンウ(24、水原FC)やMFペク・スンホ(24、全北現代モータース)、さらには日本代表MF久保建英(20、マジョルカ)とともに、バルセロナ下部組織に所属していた選手の一人だ。

チャン・ギョルヒは2011年にバルセロナのスカウトを受けてイ・スンウとともにスペインに渡り、2015年にはフベニールAに昇格。地元メディアからは「将来、イニエスタに代わる逸材になるかもしれない」とまで評価された。

ただ、最終的にバルセロナのトップチームでプレーすることは叶わず、2017年に退団。その後、アステラス・トリポリスFC(ギリシャ)を経て母国の浦項(ポハン)スティーラースに加入するも、いずれのクラブでもトップチームで出場することができず、2020年1月に契約満了で浦項を退団して以降は無所属状態が続いた。

そして2021年2月、K3リーグの平沢シチズンに加入。同年3月のFAカップ1回戦では、キャリアで初となるトップチームの試合に出場し、選手として再出発を切ったが、シーズンを通して主力に定着することはできず、最終的に公式戦11試合1ゴールの成績で終了。同年12月31日、契約満了に伴い平沢シチズンを退団していた。

チャン・ギョルヒ(写真は2015年)

チャン・ギョルヒが指導者転向を決断した背景には、小学校時代から縁のあるユース指導者のキム・タクドル氏の助言、またチャン・ギョルヒ自身が抱いていたユース育成に関する意志があるという。

実際、チャン・ギョルヒはすでにキム・タクドル氏が運営する「平沢シチズン幼少年サッカー団」にコーチとして合流している。なお、同クラブはチャン・ギョルヒが昨季まで在籍した平沢シチズンと同名であるが、両クラブ間に関係性はない。

バルセロナ下部組織では、クラブが18歳未満の選手獲得・登録に関する規定を違反したこともあり、公式戦出場停止処分を科せられるなど、ユース時代に困難を経験したチャン・ギョルヒ。

Kリーグ王者の全北現代(チョンブク・ヒョンデ)で主力を張り、韓国代表にも返り咲いたペク・スンホや、出場機会を求めて欧州から母国に帰ってきたイ・スンウらと比べても、あまりに早い現役引退となったが、今後は指導者としての成功を願うばかりだ。

【関連】「誰よりも調子は良かったのに…」イ・スンウが振り返る欧州生活

【写真】過去にイ・スンウに浮上したCAとの熱愛説とは?

【関連】イ・スンウ、久保建英のゴールに「いいね」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集