アジアカップで“ブチ切れ”騒動もあった韓国イ・スンウの意外な素顔「久保建英は僕の競争相手ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアカップでベスト8進出を果たし、25日の準々決勝でカタール代表と対戦する韓国代表。

その中でも特に注目されている選手のひとりが、イ・スンウだ。

ロシア・ワールドカップにも出場した“韓国のメッシ”は、アジアカップではなかなか出場機会を得られていない。

グループリーグの中国戦では、「ブチ切れ」騒動もあった。

(参考記事:“韓国のメッシ”がアジアカップ中国戦で「ブチ切れた」理由

それでも、バルセロナの下部組織で育ち、現在はイタリア・ヴェローナで活躍する21歳のアタッカーに、韓国代表の“ジョーカー”として期待を寄せる声は少なくないだろう。

そんな彼に、意外な素顔があることをご存じだろうか。

「久保建英は僕の競争相手ではない」

イ・スンウはその語り口から「生意気」だと批判されることが少なくない。

例えば、2017年のU-20ワールドカップでは、「日本をライバルと思ったことはない」「久保建英は僕の競争相手ではない」と語り、物議を醸した。

イ・スンウの父も、「(イ・スンウが)生意気? それがイ・スンウですよ。それがなければイ・スンウではない。生意気かどうかというよりも、個性の強い選手だと見てもらえるともっと力をもらえるだろうし、彼自身がんばって自分の言葉に責任を取れる選手に成長するだろう」と、息子の強烈な個性を認めている。
 
しかし、実際は、そのビッグマウスとは裏腹に人当たりのいい性格であるという話もある。

髪をピンクに染めた“深イイ”理由

U-20ワールドカップ当時は、代表チームのシン・テヨン監督(当時)も言っていた。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事