自宅業務の韓国大統領に猛批判殺到…「出勤できない人に国民を任せるのか」、前政権との比較も

2022年08月09日 社会 #韓国政治
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国首都圏に降った記録的豪雨により、ソウル瑞草区(ソチョグ)の自宅が孤立し、電話で業務指示をしたユン・ソギョル(尹錫烈)大統領を野党が厳しく批判している。

【画像】ユン大統領の妻が犯罪者のように逃走…

韓国の政党「共に民主党」は8月9日、記録的豪雨によって政府が“災害時のコントロールタワー”として役割を忠実に果たせずにいるとした。特に大統領が自宅に足止めされ、ハン・ドクス(韓悳洙)首相と電話で報告と指示を続けたことについて指摘した。

また「民主党」の党代表候補であるカン・フンシク議員は、自身のフェイスブックに「一分一秒を争う国家の災難状況の前に、災難の総責任者であり、災難管理者でなければならない大統領が、雨が降って出勤できなかったという」とし、「青瓦台(韓国大統領府)を龍山(ヨンサン)執務室に移す時、国家安保に全く問題ないと自信を示したのが、わずか3カ月前だ。今後、非常事態が発生すれば、バンカーに接近してコントロールタワーとしての役割を果たせるだろうか」と尋ねた。

(写真提供=国会写真記者団)ユン・ソギョル大統領

そして最高委員候補のパク・チャンデ議員も、「状況室に出て、非常な措置を取らなければならないにもかかわらず、尹大統領は家の中で電話だけで指示した。瑞草洞の自宅周辺が浸水して足止めされたという報道があるが、何の問題もない青瓦台に、なぜ出てこず、このような非常事態を統制できずにいるのか理解し難い」と主張している。

ほかにもユン・ヨンチャン議員が、「全国に連がった会議システムが整えられ、移動する必要もない大統領府をあえて捨てて莫大な税金をかけて龍山に移し、記録的水害の状況において電話で業務を行う。前政権と能力の差、水準の差が深刻だ」と批判すると、ハン・ジュンホ議員も、「大雨の被害が憂慮されるなら退勤するべきではなく、国政運営の意志はあるのか。暴雨で出勤もまともにできない大統領に、国民の生活をどのように任せることができるだろうか。情けない」とフェイスブックに書き込んでいる。

やむを得ないと弁明

自宅からの指揮に非難が殺到すると、大統領室は業務の混乱を防ぐための、やむを得ない措置だったという立場を示した。

一方、大統領室関係者は同日、龍山大統領室のブリーフィングで、「尹大統領は昨日午後9時から今日午前3時までリアルタイムで報告を受け、指針や指示を下した。再び今朝6時から報告を受け、緊急対策会議の開催を指示した」と主張している。

続いて昨夜に現場へと向かわなかった理由について、「すべての人材が現場での対処に邁進している状況だった。大統領が現場や状況室に移動すれば、報告や儀典に気を使うしかなく、対処能力を低下させる恐れがあるという内部判断によって、自宅から電話でリアルタイムで報告を受け、指示を下した」と付け加えた。

早くも支持率が30%を切った韓国ユン大統領…歴代大統領と比較しても異常な下落傾向

韓国ファーストレディ候補は元風俗嬢?大統領選が大荒れに…対立候補も泥沼訴訟中

泥酔運転、論文盗作など多くの問題…ユン大統領が推した副首相が35日で辞任か

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集