ハリウッド映画『ファンタビ2』出演女優スヒョン、「ジョニデに励まされた」【インタビュー①】

2018年11月06日 映画 #写真
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優スヒョンが強烈な姿で帰ってきた。

彼女は、ハリウッド映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(以下、ファンタビ2)でナギニ役を務め、新たな演技を披露する。

ナギニは、原作『ハリー・ポッター』シリーズに登場するハリーの宿敵・ヴォルデモートのペットかつ分霊箱の大蛇。シリーズの世界観に影響する重要なキャラクターであるだけに、公開直前に情報が解禁されると、話題の中心になっていた。

去る2015年に映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でハリウッドに進出したスヒョンは、映画『ダークタワー』やドラマ『マルコ・ポーロ』などにも出演してキャリアを積んでいる。

(関連記事:映画『ファンタビ2』韓国女優の起用めぐる“人種差別”議論、原作者J・K・ローリングが解明

そんなスヒョンに『ファンタビ2』、そしてハリウッドでの活動について話を聞いた。

(写真提供=Culture Depot)

――『ファンタビ2』でナギニを演じたが、どんな役割か。
 
「ナギニはヴォルデモートの霊魂がこもった蛇で、キャラクターにどんでん返しがあるというのがとても興味深かった。一見悪役だけど、傷も受け、事情も多い。保護本能を刺激されるけど、軟弱ではなく、強靭さを持っている。そんな女性と言える」

――蛇に変身するキャラクターなだけに、研究にも余念がなかったのでは。

「ありがたいことに、ムーブメントコーチがいてくれて、蛇に変身する過程にはCGも使われた。私自身は実際の蛇の動きを見たり、動物園のようなところに行って怖いけど触ったりもして、どう動いているか観察した」

――『ファンタビ2』は、『ハリー・ポッター』シリーズにつながる注目度の高い映画だ。

「『ハリー・ポッター』は翻訳書が出る前に原作を手に入れて読むほど好きだった。オーディションのときはどんなキャラクターを任されるか、楽しみだった。普段オーディションに落ちる場合も多くて、欲張らず平常心を維持しながら私を覚えてくれただけでもありがたいという気持ちで臨むのだけど、この映画はとてもやりたかった。

だから、合格を知らせれたときはとても嬉しかった。 今でも正直、実感がわかないときがある。ナギニという名前が公開されるまで、1年の間この名前を使ったこともなかった(笑)」

――ナギニ役に選ばれたときは、どんな気持ちだったか。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事