朝鮮王朝の国王と王妃はどちらが長生きしたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝鮮王朝の27人の王の平均寿命は46.1歳だった。また、その27人の王の正妻だった41人(正式には42人の王妃がいたが、1人の生年が不明なので統計から除外)は平均寿命が48.7歳である。

【関連】『イ・サン』に登場するソンヨンは誰をモデルにしているのか

数字でみると、平均寿命では王妃のほうが2.6歳だけ長生きしている。歴代の王妃はもっと長生きしている印象があったので、平均寿命が王と2.6歳しか違わないというのは意外だったが……。

王と王妃は朝鮮王朝の中でも最高の食事をして最良の医術を受けられたが、それでも平均寿命が50歳に届いていない。生活条件がよくなかった庶民の場合は、さらに平均寿命が短かったことだろう。

ドラマ『イ・サン』に登場する英祖(俳優イ・スンジェ)

一方、王の中で一番長生きしたのは21代王・英祖(ヨンジョ)だ。82歳で亡くなったが、当時としてはかなりの長寿であった。

逆に、一番若くして世を去ったのは6代王・端宗(タンジョン)で享年16歳だった。7代王・世祖(セジョ)によって死罪にさせられたので、短命だったのも仕方がない。

王妃の中で一番長生きしたのは、その端宗の正妻だった定順(チョンスン)王后である。端宗が世を去ったあと、さぞかし苦難に満ちた生活を送ったことだろう。それでも82歳まで生きたのだから、よほど身体が丈夫だったと思われる。

もっとも短命だった王妃は、8代王・睿宗(イェジョン)の妻だった章順(チャンスン)王后で、16歳で世を去っている。睿宗も19歳で亡くなっており、2人はとても短命な夫婦だった。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事