『ペーパー・ハウス・コリア』“教授”役の俳優ユ・ジテ、“ベッドシーン”について言及「積極的に…」

2022年06月27日 テレビ #韓国ドラマ #Netflix
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優のユ・ジテが女優のキム・ユンジンとのロマンスシーンについて、「台詞や状況に描かれない部分は俳優たちのアンサンブルで埋めてほしかった」と伝えた。

【関連】韓国版『ペーパー・ハウス』の超豪華キャスト

ユ・ジテは6月27日に行われたオンラインインタビューで、「画面を埋める感情をより積極的に表現し、目で感じられるようにした」と語った。

ユ・ジテが出演しているNetflixドラマ『ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え』は、統一を控えた朝鮮半島を舞台に、天才的な戦略家と、それぞれ異なる個性と能力を持つ強盗が繰り広げる史上初の人質強盗劇を描いている。スペインのドラマ『ペーパー・ハウス』をリメイクした作品だ。

(写真提供=Netflix)『ペーパー・ハウス・コリア』教授を演じたユ・ジテ

本作でユ・ジテは造幣局の強盗を計画する“教授”役を、キム・ユンジンは京畿警察庁危機交渉チーム長警部であるソン・ウジン役を演じた。

(写真提供=Netflix)キム・ユンジン

ユ・ジテはキム・ユンジンとのロマンス、ベッドシーンに対して、「キム・ユンジン先輩がとても輝いていた。(そのシーンを取り上げた動画が)約500万回以上再生されるではないかと思う。よく分からない(笑)」とし、「台詞で説明調の印象を与えないために、あたかも演劇のように俳優たちが集まって練習をした」と撮影秘話を語ったユ・ジテ。

そして遠くから現場を見守る教授として、モニターを見ながら演技をしたシーンについては、「現場で一緒に合わせてみたかった。現場には行けなかったが、心で合わせてみようと試みた」とし、「キム・ホンソン監督独自の方式があったため、その空席が大きく感じられることはなかった」と明かしている。

また「私一人で説明するのではない。台詞を言うにしても、登場人物の演技を台詞以外の部分でも見せられるようにリハーサルをした。イ・ウォンジョン先輩とは何度か会い、リハーサルのような会話をしたりもした」と説明した。

(写真提供=Netflix)

なお『ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え』は、6月24日から配信がスタート。グローバルオンライン動画サービス(OTT)コンテンツ順位を集計する『フリークスパトロール』によると、26日には韓国をはじめ、日本、ベトナム、タイ、台湾、シンガポール、フィリピン、モロッコ、マレーシア、インドネシア、香港の11の国と地域で1位を記録した。

(記事提供=OSEN)

【写真】“トーキョー”演じた女優チョン・ジョンソ、ナチュラル美スタイルを披露

“ベルリン”俳優パク・ヘス、『イカゲーム』のヒットで気づいた“自分の役割”

韓国コンテンツに5億ドル投じるNetflixの“攻め”

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集