Netflix『ペーパー・ハウス』韓国版の超豪華キャスト発表。教授役はユ・ジテ、トーキョー役はチョン・ジョンソ

2021年03月31日 話題 #Netflix #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixの人気ドラマ『ペーパー・ハウス』韓国リメイク版の超豪華キャストが発表された。

【関連】韓国コンテンツに5億ドル投じるNetflixの“攻め”

人質事件を起こす知能犯の“教授”役は映画『オールド・ボーイ』、ドラマ『グッドワイフ 彼女の決断』の俳優ユ・ジテが担当。警察庁に所属する危機交渉チーム長のソン・ウジン役は海外ドラマ『LOST』にも出演した女優キム・ユンジンが演じる。

完璧な成功のために“教授”が世界中から集めた個性豊かな強盗たちと、完璧だと思っていた計画に異変をもたらす人質、そして事件を担当するTF組織も、最高のキャストが集まった。

まず、ベルリン役はドラマ『刑務所のルールブック』などで存在感を発揮した俳優パク・ヘスが扮する。トーキョー役は映画『バーニング 劇場版』『ザ・コール』の女優チョン・ジョンソが、モスクワ役は俳優イ・ウォンジョンが務める。

(写真=Netflix)左上から時計回りにユ・ジテ、パク・ヘス、イ・ウォンジョン、チョン・ジョンソ

映画『パラサイト 半地下の家族』やドラマ『愛の不時着』など知られるパク・ミョンフンは、人質となった造幣局局長チョ・ヨンミン役。人質事件を担当する大尉チャ・ムヒョク役はキム・ソンオが、デンバー役はキム・ジフン、ナイロビ役はチャン・ユンジュが担当する。

また、チョ・ヨンミン(演者パク・ミョンフン)と不倫関係にあるユン・ミソンは若手女優イ・ジュビンが演じる。

(写真=Netflix)左上から時計回りにキム・ユンジン、キム・ソンオ、イ・ジュビン、パク・ミョンフン

原作であるスペインドラマ『ペーパー・ハウス』は、教授と呼ばれる知能犯と8人の強盗団がスペイン王立造幣局を意味する“ペーパー・ハウス”を占拠し、24億ユーロ(約3000億円)を印刷して逃走するというクライムサスペンスだ。2017年からNetflixで配信され、世界中で熱狂と興奮を巻き起こしている。

韓国を舞台にする『ペーパー・ハウス』韓国リメイク版は、ドラマ『ボイス』のキム・ホンソン監督がメガホンを取り、脚本は『愛しのホロ』や『サイコパス・ダイアリー』を手がけたリュ・ヨンジェが担当する予定だ。

(写真=Netflix)『ペーパー・ハウス』のスチールカット

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集