デビュー“7年目”で解散発表した「DIA」の元メンバー、現在は「CLASS:y」の“敏腕マネージャー”に

2022年05月14日 K-POP

解散を発表したガールズグループ「DIA(ダイア)」出身のチョ・イヒョンが、新人ガールズグループのマネージャーとして活躍していた。

【注目】解散発表したDIA、“魔の7年ジンクス”乗り越えられず

今日(5月14日)放送される人気バラエティ番組『ザ・マネージャー』では、オーディション番組『放課後のときめき』からデビューした新人グループ「CLASS:y(クラッシー)」のマネージャーに“転職”したチョ・イヒョンの一日が公開される。

ガールズグループDIA出身のチョ・イヒョンはこの日、CLASS:yの所属事務所代表でありマネージャーとして出撃し、注目を集めている。

(画像=MBC)

アイドル出身であるだけに、並外れた目つきと推進力でCLASS:yのデビューに関する業務を完璧にこなした。

「私はうまくいかなかったので…」

アイドル時代には見られなかったチョ・イヒョンのユニークな魅力が視聴者を魅了する予定だ。

チョ・イヒョンは「私はアイドルとして成功しなかったので(CLASS:yは)うまくいってほしい」と話している。

また、体重調節をしなければならないCLASS:yのために直接ダイエット用の弁当を作る真心を見せ感嘆を誘った。続いてデビューを控えた新人アイドルたちの練習室の風景も公開される。CLASS:yは視聴者の目を引く一発芸や、粉ミルクモッパン(食べる番組)など多様な魅力を披露する。

しかし、楽しい時間もつかの間。CLASS:yは、ダイエット弁当を持って練習室を突撃したチョ・イヒョンの手に体重計があり、驚いた様子だ。

「言葉も出ない」と言いながら、激しい冷や汗を流すCLASS:y。体重を図ると思いもよらない言い訳で練習室を笑いの渦に包んだ。

(写真提供=M25)チョ・イヒョン

元アイドルのチョ・イヒョンの活躍ぶりは、本日23時10分放送のMBC『ザ・マネージャー』で確認できる。

チョ・イヒョンは2010年からドラマやミュージカルに出演し、2013年にアイドルグループ「F-ve Dolls」でデビューするも、2015年にグループは解散。同年、「DIA」に加わり、7人目のメンバーになった。翌年、女優として活動するために、同グループを脱退した。その後は、ドラマやアーティストのミュージックビデオに出演するなど、芸能活動を続けながら、プロデューサーとしても活躍した。現在は、芸能事務所の代表理事を務めている。

『放課後のときめき』競演曲に“盗作疑惑”が浮上

なぜ韓国ガールズグループは「7年」で解散するのか

“解散”ではなく“転機”? 少女時代などの前例から見る「魔の7年ジンクス」

前へ

1 / 1

次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集