“盗作疑惑”が浮上した自作曲と関連して韓国アイドルが謝罪「混乱を抱かせた」【全文】

2022年03月01日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガールズグループ(G)I-DLEのソヨン側が、オーディション番組『放課後のときめき』(原題)で使用された競演曲『SUN』と関連した疑惑について解明した。

【画像】日本人練習生が魅せた!『放課後のときめき』で見事勝利

ソヨンの所属事務所CUBEエンターテインメントは2月28日、「競演曲『SUN』発売の過程で、多くの方々に混乱を抱かせることになった点について、頭を下げて謝罪する。アーティストが直接その作曲家に状況を伝え、謝罪の言葉を伝えた」と明らかにした。

2月27日に放送された『放課後のときめき』では、(G)I-DLEソヨンが作詞・作曲に参加した競演曲『SUN』が公開された。当初、作曲者はチョン・ソヨンとPop Timeと明示されたが、公開後、一部のメロディーがATEEZの『WAVE』のサビに似ているという指摘が出た。

その後、音楽サイトの作曲家欄に『WAVE』の作曲家であるEden-aryが追加された。それに対してEden-aryの所属事務所KQエンターテインメントは、「当社はもちろん、Eden-aryとも何らの事前の議論がなかった」との立場を明らかにした。

CUBEエンターテインメントは「その過程で該当曲との類似性を認めるだけに、クレジットの修正が当然視されるべきだと判断し、ソヨンが該当作曲家の方に相談した後、制作会社を通じてクレジットの修正を要請した」とし、「その後、発売前のクレジット追加について、作曲家の所属事務所側から反対の立場をもらい、制作会社を通じて再修正を要請したが、反映されないまま発売された」と説明した。

(写真提供=CUBEエンターテインメント)ソヨン

それと共に「作曲家の所属事務所と具体的な協議が行われていない状況で、クレジットの修正が優先されたことについて、もう一度謝罪を申し上げ、今後このようなことが発生しないようにする」と付け加えた。

CUBEエンターテインメントの公式立場全文は、以下の通り。

こんにちは。CUBEエンターテインメント

(G)I-DLEソヨンが参加したMBC『放課後のときめき』の競演曲『SUN』関連の論議について、公式立場をお伝えいたします。

まず競演曲『SUN』発売の過程で、多くの方々に混乱を抱かせることになった点について、頭を下げて謝罪します。

放送直後のモニタリングを通じて、いくつかのメロディーの類似性を認識し、それと関連してアーティストが直接その作曲家に状況を伝え、謝罪の言葉を伝えました。

その過程で該当曲との類似性を認めるだけに、クレジットの修正が当然視されるべきだと判断し、ソヨンが該当作曲家の方に相談した後、制作会社を通じてクレジットの修正を要請したことがあります。その後、発売前のクレジット追加について、作曲家の所属事務所側から反対の立場をもらい、制作会社を通じて再修正を要請しましたが、反映されないまま発売されました。

当該作曲家の所属事務所と具体的な協議が行われていない状況で、クレジットの修正が優先されたことについて、もう一度謝罪を申し上げ、今後このようなことが発生しないようにいたします。

ありがとうございます。

【画像】日本人練習生が魅せた!『放課後のときめき』魅惑的なステージで見事勝利

少女時代ユリが教えるパフォーマンスを完璧に見せる“コツ”とは?

話題の『放課後のときめき』デビュー組が日本ユニバーサルミュージックと契約!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集