元Wanna Oneオン・ソンウの主演ドラマ、放送間近! ミステリアスな転校生役に期待大【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

元Wanna Oneのオン・ソンウが、お茶の間でファンと再会する。

(関連記事:Wanna One出身ユン・ジソン、入隊前にメンバーとの“変わらぬ友情”をアピール

韓国JTBCの新ドラマ『十八の瞬間』(原題)側は7月4日、若々しい18歳の少年に扮したオン・ソンウのキャラクタースチルカットを公開した。

『十八の瞬間』は、未熟で危うい若者たちの“Pre-青春”をテーマにしたドラマ。些細なきっかけひとつで複雑な感情の渦に巻き込まれる、誰もが経験したような青春の瞬間をリアルに描いた。

同作で主演を務めるオン・ソンウに対する関心は、特に熱い。

オン・ソンウは劇中で、寂しさと隣り合わせの日常を送る少年チェ・ジュヌを演じる。感情表現は下手だが誰よりも芯が強く、ときには可愛らしい一面も見せる魅力的なキャラクターだ。

(写真提供=JTBC)

ジュヌの感情に変化をもたらすのが、キム・ヒャンギ演じる同級生の少女スビンだ。一人でいることに慣れた転校生ジュヌは、彼女と出会うことによって次第に胸をときめかせてゆく。“青春”という言葉がぴったりの爽やかな印象を与える2人の姿は、一層期待感を高めている。

今回公開されたスチルカットでは、制服に身を包んだオン・ソンウのフレッシュなビジュアルを見ることができる。感情の読めない無表情な顔つきと深い眼差しは、すでにチェ・ジュヌそのものだ。シャツの襟が少し乱れた制服の胸元には、チェ・ジュヌではなく“イ・テホ”の名札が付けられている。

特有のミステリアスなオーラは、見る者の好奇心を刺激した。

一方で、別の写真では愛想のいいコンビニ店員に扮した彼の姿が写っている。ここでもやはり、彼の胸元には本来の名前とは異なる“パク・ヨンベ”の名札が付けられている。静かで謎めいた印象と異なるあどけなさの残る顔つきと微かな笑みが魅力的な反面、ますますジュヌに対する疑問を増幅させる。

『十八の瞬間』の制作陣はオン・ソンウに対して「演技に対する真摯さと熱意が、非常に高い。俳優オン・ソンウを再発見することができるだろう」と称賛している。

また、「現場で完璧なチームワークを誇るキム・ヒャンギ、シン・スンホ、カン・ギヨンらが織りなすシナジーも楽しんでほしい」と期待感を高めた。

『十八の瞬間』の第一話は、韓国JTBCで来る7月22日午後9時30分に放送される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事