俳優パク・ソジュン&女優ハン・ソヒの豪華共演が決定!『京城クリーチャー』はどんなドラマか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ『京城(キョンソン)クリーチャー』が俳優パク・ソジュン、女優ハン・ソヒのキャスティングを確定し、本格的な撮影に突入した。

【写真】「目尻のシワすらイケメン」パク・ソジュンが話題

『京城クリーチャー』は、時代の闇が最も濃かった1945年の春、生存することがすべてだった2人の若者が貪欲の上に誕生した怪物と対立するクリーチャースリラーだ。生と死の境界で熱い死闘を繰り広げる人々の物語が、爽やかなカタルシスと共に人間尊厳、人間らしさとは何かについての根本的な質問を投げかける。

『浪漫ドクター キム・サブ』シリーズなどを通じて絶対的な支持を受ける脚本家カン・ウンギョンと、『ストーブリーグ』で力強い演出を見せたチョン・ドンユン監督が風変わりなクリーチャードラマの誕生を予告する。

今最も熱い俳優の共演

何よりもパク・ソジュンとハン・ソヒの共演は、ドラマファンをさらにときめかせる。

(写真提供=Awesome ENT、9atoエンターテインメント)パク・ソジュン(左)とハン・ソヒ

パク・ソジュンは北村(ブクチョン)で最も“ホット”な資産家であり、京城一の情報通「チャン・テサン」に扮する。生き残るために死に物狂いで耐えてきた彼は、処世術に長けた男だ。生まれつきの瞬発力と洞察力、特有の凄まじい親和力で北村を牛耳る有名人になったチャン・テサン。正義よりも目の前の現実だけを信じ、従ってきた彼は、まったく別の人生を生きてきたユン・チェオク(演者ハン・ソヒ)と、胸の奥深くに埋めておいたものを直視し、「人間らしく生きること」について悩み、変貌する。

パク・ソジュンは「京城という時代背景に多くの関心を持っていた。そんな背景の作品と出会うことになり、素晴らしい脚本家、監督、スタッフの方々と一緒にできることになり、とてもうれしい。今後、俳優として一生懸命“チャン・テサン”を演じる」と伝え、期待を高めた。

ハン・ソヒは死人でも見つけられると噂された“トドゥクン”(失踪者を探す人々を指す別名)「ユン・チェオク」を演じ、強烈な変身を予告する。幼い頃から父親と一緒に満州と上海を行き来し、生き残る方法を得たユン・チェオク。凄惨で悪夢のような現実のなかでも、粘り強く生き残ってきた彼女は銃、刀を扱うことに長け、扱えない機会がないほど明敏だ。10年前に姿を消した母親の行方を探すために京城に来た彼女は、チャン・テサンと出会い、謎の連鎖失踪事件を追うなかでひどい現実に直面することになる。

ハン・ソヒは「一見強いようだが、温かい心を持ったチェオクのように、多彩で数えきれない話がたくさんある『京城クリーチャー』で、新しい姿で挨拶することになって光栄に思う。送ってくださる大きな関心と期待に応えられるように、もっと一生懸命準備して良い姿でお会いしたい」と感想を伝えた。

正体不明の怪物、そして怪物よりも怪物のような人々に立ち向かい、熱い戦いを繰り広げるチャン・テサンとユン・チェオク。彼らを演じるパク・ソジュン、ハン・ソヒの熱演が今から期待される。

『京城クリーチャー』は2023年に放送予定だ。

◇パク・ソジュン プロフィール

1988年12月16日生まれ。韓国・ソウル出身。2011年にB.A.Pヨングクの『I Remember』ミュージックビデオで俳優デビュー。2012年のドラマ『ドリームハイ2』で本格的な演技活動をはじめ、2014年の『魔女の恋愛』で連ドラ初主演を務めた。主な出演作にドラマ『花郎<ファラン>』『サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~』『キム秘書はいったい、なぜ?』、映画『ミッドナイト・ランナー』『ディヴァイン・フューリー/使者』『パラサイト 半地下の家族』(カメオ出演)など。2020年からNetflixで配信がスタートした主演ドラマ『梨泰院クラス』は日本でも大きな反響を得た。

◇ハン・ソヒ プロフィール

1994年11月18日生まれ。韓国・蔚山(ウルサン)出身。 2016年にSHINeeの楽曲『Tell Me What To Do』のミュージックビデオの出演で芸能界入りし、2017年のドラマ『ひと夏の奇跡~Waiting for you』で本格女優デビュー。ドラマ『カネの花 ~愛を閉ざした男~』『100日の郎君様』『アビス』『わかっていても』『マイネーム:偽りと復讐』など数々の話題作に出演した。デビュー時から大手食品メーカーや化粧品メーカーなど、様々な企業のCMモデルを務めた。

【写真】パク・ソジュンの次回作!? 事務所が“謎の最新ビジュアル”を大放出!

『キム秘書』パク・ソジュン&パク・ミニョンの「濃厚キスシーン」が話題

【写真】ハン・ソヒの「甘い魅力漂う」キャミドレス姿

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集