がん手術を受けた『パラサイト』女優が主演の新作映画、韓国ボックスオフィスで1位の好スタート

2022年01月17日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

公開後、「爽快な時間をプレゼントしてくれる映画」「108分が一瞬にして消える」といった好評を受けている『パラサイト 半地下の家族』女優パク・ソダム主演の映画『特送』(原題)が、公開週に韓国映画ボックスオフィスで1位を記録した。

【写真】パク・ソダムも!韓国は今、“一重まぶた女優”が熱い

成功率100%の“特送”専門ドライバー、ウンハ(演者パク・ソダム)が予期せぬ配送事故に巻き込まれて繰り広げられる追撃戦を描いたアクション映画『特送』(パク・デミン監督)が、公開初週の週末、韓国映画で1位を記録して話題を集める。

1月17日、映画館入場券統合ネットワークによると、『特送』は公開初週の週末、韓国映画ボックスオフィス1位を記録し、犯罪娯楽アクションの驚くべき底力を誇示した。

去る1月12日に封切りしてから5日間、『特送』は様々な作品をすべて抜いて最も多くの観客を動員するなど、熱い関心を証明した。爆発的な反響のなかでヒット中の『特送』は、スクリーンから目が離せない爽快なカーチェイシングアクションと緊張感あふれる追撃戦で、注目を集めている。

(画像提供=NEW)映画『特送』

特に韓国のオンライン映画評価プラットホーム「CGVゴールデンエッグ指数」で93%を記録し、異例の評価を受けて熱気を加えた。

映画を観たファンは、「パク・ソダムの花火のような演技が印象深かった」「音楽、演出、アクションのすべてが良かった」「自動車とスピードを楽しめる人におすすめ」「終始緊張感があった」「2Dだが4Dみたいな映画」「パク・ソダムの新しい魅力に欠かせない映画」といった反応を見せており、公開2週目もさらに観客動員を加速する見通しだ。

がん手術を受けて回復を待つ『パラサイト』“長女役”パク・ソダム、直筆手紙で挨拶

パク・ボゴム&パク・ソダムの“爽やかツーショット”に反響「青春のタイトルがぴったり」

【写真】パク・ソダム、秘蔵写真で振り返る「女優のキロク」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集