ENHYPEN、ラジオで宿舎の部屋割りを告白!「じゃんけんで決めた」一人部屋のメンバーは…?

2022年01月14日 話題 #ENHYPEN
このエントリーをはてなブックマークに追加

ENHYPENがラジオ番組で宿舎の部屋割りを公開した。

【写真】“愛され長男”HEESEUNG、深夜のキュート自撮り

韓国で1月13日に放送されたMBC FM4Uのラジオ番組『正午の希望曲キム・シニョンです』(原題)では、ENHYPENがゲスト出演。

放送では先立って、「先生をお迎えします」のコーナーで去る10日にリリースしたリパッケージアルバム『DIMENSION:ANSWER』がなされた。

DJのキム・シニョンはゲストのENHYPENについて、「デビュー1年目を迎えたばかりの今、K-POP最高のルーキーとして浮上した方々だ。何より重要なのは、新アルバムが出るたびに『正午の希望曲』を訪れてくれること。第4世代のワントップアイドル」と紹介。熱烈な歓迎の意を表した。

キム・シニョンは続けて、「デビューするやいなや新人賞を総なめし、さらにはゴールデンディスク本賞も受賞した。おめでとう」と祝福すると、「正直言って受賞は予想できたか?」と質問。

これに対し、ENHYPENは「昨年は受賞の感想をめちゃくちゃ覚えた。今回はそんな時間がないほど忙しかった。何より、本賞を受賞できるとは予想できなかった。“新人賞を受賞して、ステージをしてすぐ帰るんだろうな”と思っていたら、ありがたいことに本賞も受賞した」と答え、笑いを誘った。

(写真提供=OSEN)ENHYPEN

続けて、JUNGWON(ジョンウォン)が『DIMENSION:ANSWER』について「以前のアルバムとは延長線にある。『DIMENSION:DILEMMA』ではさまざまな欲望のなかでジレンマに陥り、正解を見つけるために走り続けたが、今回のアルバムではそんな走り続けた少年たちがどう生きるか悩み始め、世の中が間違っていることに気付いた後の話が描かれる」と紹介。

JAKE(ジェイク)はタイトル曲『Blessed-Cursed』について、「世の中で経験するさまざまなことが果たして祝福なのか、それとも呪いなのか。これについて悩みながら感じる感情を盛り込んだ曲だ。結論的にそれは重要なことではなく、祝福であれ呪いであれ、自分たちだけの正解と方法を見出していくという話が盛り込まれている」と説明した。

キム・シニョンが「今回のアルバム準備のために眠れなかったのでは?」と聞くと、JUNGWONは「ENGENE(ENHYPENのファンネーム)の方々が僕たちのスケジュールが多いことを知っている。たくさん心配されていると思うが、まったく眠れていないことはなく、しっかり生活している。あまり心配しなくても大丈夫」と答えた。

また、「グループで一番熱心なメンバーは誰?」という質問には、SUNGHOON(ソンフン)がJUNGWONの名前を挙げ、ほかのメンバーもこれに同意した。

「雰囲気はワールドカップ決勝」

番組途中では興味深い話題も挙がった。キム・シニョンが「ENHYPENは宿舎で部屋が分かれているらしいが、ルームメイトはどうなっているのか」と質問したのだ。

これにENHYPENは、JAKEとJAY(ジェイ)が2人部屋を使い、NI-KI(ニキ)、SUNGHOON、SUNOO(ソヌ)、JUNGWONの4人が大部屋を使用。最年長のHEESEUNG(ヒスン)が一人部屋を使っていると答えた。

そして、「どうやって選んだ?おみくじ?それとも会議?」というキム・シニョンの質問に、ENHYPENのメンバーは「トクパン(一人部屋、直訳で“独房”)はじゃんけんで公正に決めた。伝説的なじゃんけんの場面を録音した。雰囲気はワールドカップ決勝戦と同じレベルだった」と笑顔で語っていた。

◇ENHYPEN プロフィール

2020年11月30日にデビュー。韓国のグローバルオーディション番組『I-LAND』で、世界中のファンによる投票で選ばれたボーイズグループ。日本人のNI-KI、オーストラリア出身のJAKE、アメリカ出身のJAYを含む、JUNGWON、HEESEUNG、SUNGHOON、SUNOOの7人が所属。BTS(防弾少年団)やTOMORROW X TOGETHER(トゥモローバイトゥゲザー)が所属するBig Hitエンターテインメント傘下のBELIFT LABに所属。2021年3月29日からは、ニッポン放送の新ブランド『オールナイトニッポンX(クロス)』で、月曜のレギュラーパーソナリティーとしても活躍している。

【写真】「萌えすぎた」HEESEUNGの“白肌セルカ”

【写真】「ニキの色気が…」ENHYPEN“オトナの魅力”

【写真】JUNGWON、“萌え袖ニット”でファンのハート鷲掴み

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集