Wanna One出身カン・ダニエル、初演技について「ステージにはない魔力を感じた」【画像】

このエントリーをはてなブックマークに追加

Wanna One出身のカン・ダニエルが思い描く“青春”とは、どんな姿だろうか。

【写真】Wanna One、“伝説のステージ”をプレイバック

1月26日から配信が始まる「Disney+(ディズニープラス)」オリジナルシリーズ『君と僕の警察授業』(原題)から、ウィ・スンヒョンを演じるカン・ダニエルのスチール写真が公開された。

ドラマ『君と僕の警察授業』は、明日は何が起こるか分からないが、警察で働くという夢に向かって駆け出した警察学校の新入生らの波乱万丈な生活を描いたドラマだ。

(写真提供=「Disney+」)

公開された写真では、演技に初挑戦するカン・ダニエルの姿が収められている。強い正義感を抱き、人一倍優秀な頭脳を持ったウィ・スンヒョンは、父親のような立派な警察になることが夢だった。

首席で入学したエリートらしい真面目な姿勢で試験に臨む姿や、警察学校の制服を着用して敬礼している姿、新入生代表として挨拶する頼もしい姿まで公開され、ドラマへの関心を高めている。

(写真提供=「Disney+」)
(写真提供=「Disney+」)

本作のキーワードを「情熱」と表現したカン・ダニエル。彼は「僕ではない誰かの人生に入り込む感覚。ステージとは違う、演技だけの魔力を感じる」とし、「初めての演技だったし、見慣れない現場で緊張したが、スタッフさんや俳優の皆さんの助けで楽しく撮影できた」と明かした。

また、自身が演じたキャラクターについて「ウィ・スンヒョンは悪行を見ると耐えることができない人物だが、人間としての温かさもある。喧嘩もうまい。だから演じるときも自然に体を使うようにした」と伝えている。

制作陣は「演技に対する慎重さや熱意があった。カン・ダニエルの新しい魅力を発見する機会になるだろう。ほかの出演者とのチームワークも良かった。ときめく青春ストーリーを期待してほしい」とドラマの期待感を高めた。

ドラマ『君と僕の警察授業』は、1月26日から「Disney+」にて配信が開始される。

Wanna One,「2021MAMA」で披露した新曲をリリース!11人が揃った“完全体”での音源に

【画像】Wanna One、3年ぶりの“復活ステージ”に歓喜の涙!「2021MAMA」特別スチールカットが到着

Wanna Oneが帰ってきた!メンバーの“再集結自撮り”にファン感激「泣いちゃう」【PHOTO】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集