「自分の国に帰れ」“韓国式の挨拶”をしなかった中国出身K-POPアイドルに批判殺到…中国では絶賛

2022年01月07日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国グループのメンバーとして活躍する中国出身アイドルが批判を浴びている。韓国で行われたファンサイン会で、韓国式ではなく中国式の挨拶をしたためだ。

【注目】中国出身のK-POPアイドルたちが韓国で大問題に

去る1月2日、ガールズグループEVERGLOW(エバーグロー)は、3枚目のミニアルバム『Return of The Girl』の発売記念ファンサイン会を進行した。

同日、EVERGLOWのメンバーたちは新年を迎え、ファンに向かって“クンジョル”をした。クンジョルとは韓国で最も丁寧なお辞儀のことで、相手に向かってひざまずき、手を地べたについて頭を下げる挨拶だ。韓国では法事や新年の挨拶などで行う。

ファンサイン会でEVERGLOWのメンバー5人がクンジョルをして地べたに手をついているなか、中国出身メンバーのイロンだけは立ったまま、片方の手で拳を握り、もう片方の手で包む中国式の挨拶を行った。

(画像=オンラインコミュニティ)イロンは立って挨拶した

客観的に見れば、韓国メンバーは韓国式の挨拶を、中国メンバーは中国式の挨拶をしただけのことだろう。しかしオンライン上では、中韓で大きく意見が分かれた。

韓国のオンライン上では「韓国で活動しているのに、なぜ中国式の挨拶をするのか」「韓国文化を無視している」「中国に帰れ」「韓国式の挨拶が嫌なら韓国で活動するな」といった批判が相次いだ。

一方で中国のオンライン上では、「中国人はひざをつかない」「中国の伝統を守る誇らしいK-POP歌手」「中国の礼節を守り、中国文化を海外に伝えている」と絶賛する声が大半だった。

イロン

EVERGLOWのイロンが議論になったのは、今回が初めてではない。2020年11月、中国ファンとの映像通話ファンサイン会で、「私は誰よりも自分の祖国を愛している。中国語で話したいけど、韓国で活動しているから制限がある。所属事務所から注意を受けている」と話し、韓国で騒動になったことがある。

2019年にデビューしたEVERGLOWは、IZ*ONEを輩出したオーディション番組『PRODUCE48』(Mnet)に出演したイロンとキム・シヒョンの所属するグループとして、デビュー前から話題を集めた。去る12月1日にはミニアルバム『Return of The Girl』を発表した。

TWICEのツウィが…台湾出身の彼女があまりに不憫なワケ

父親が軍部政権派だから娘を韓国デビューさせるな?タイ出身メンバー

「キムチは中国文化」に対抗…韓国の名物教授がアメリカ紙に“キムチ広告”を掲載

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集