『黒い太陽』ナムグン・ミンが大賞、『袖先赤いクットン』ジュノ&イ・セヨンも輝いた!!【2021MBC演技大賞】

2021年12月31日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

『2021MBC演技大賞』で大賞に俳優ナムグン・ミンだった。

12月30日夜、ソウル上岩洞(サンアムドン)のMBCホールで行われた『2021MBC演技大賞』。今年1年のMBCドラマを総まとめする授賞式で、栄えある大賞に輝いたのはドラマ『黒い太陽』で主人公ハン・ジヒョク役を演じたナムグン・ミンだった。

【関連】2021年最も人気を集めた韓国人タレントは?1位は“中絶強要”疑惑で騒がせたあの俳優

ナムグン・ミンは受賞について「技術的な面で撮影時間が多くかかるドラマだった。そのため、中盤が過ぎた頃に“もう少し時間があればいいのに”という残念な気持ちがあった。にもかかわらず最後まで無事に終えることができたのは、ドラマに参加してくださったスタッフの皆さん、演技者の皆さんのおかげだ」と語った。

毎回最高視聴率を突破していたドラマ『袖先赤いクットン』も讃えられた。主演のイ・ジュノとイ・セヨンは、それぞれミニシリーズ部門で最優秀演技賞を受賞しただけでなく、ベストカップル賞も受賞している。

イ・ジュノとイ・セヨンはベストカップル受賞について「セヨンさんがムードメーカーとして多くの力を貸してくれたのでこの賞をもらえた」(イ・ジュノ)、「すべて先輩のおかげ。イ・ジュノ最高!」(キム・セヨン)と互いへの感謝を語り、温かい姿を見せた。

ほかにも、『袖先赤いクットン』はカン・フンが男性新人賞を、チャン・ヘジンが助演女優賞を受賞し、作品を執筆したチョン・ヘリ作家も作家賞を受賞した。俳優ではなく作品に授与される「今年のドラマ賞」も『袖先赤いクットン』が受賞した。

『黒い太陽』は大賞のナムグン・ミンのほか、キム・ジウンが女性新人賞を、チャン・ヨンナムがミニシリーズ部門の助演女優賞を受賞している。

お茶の間劇場を虜にしている『2番目の夫』のチャ・ソウォンとオム・ヒョンギョンも、それぞれ連続ドラマ部門で最優秀演技賞を受賞した。

今年でデビュー51周年を迎えるイ・ドクファは功労賞を受賞し、数多くの後輩俳優たちからスタンディングオベーションを受けた。

(写真提供=MBC)大賞を受賞したナムグン・ミン(左)と、『袖先赤いクットン』のイ・セヨンとイ・ジュノ(右)

以下、「2021 MBC演技大賞」受賞リスト

【大賞】

ナムグン・ミン(『黒い太陽』)

【今年のドラマ賞】

『袖先赤いクットン』

【最優秀演技賞】

ミニシリーズ部門 男性:イ・ジュノ(『袖先赤いクットン』)、女性:イ・セヨン(『袖先赤いクットン』)

連続ドラマ部門 男性:チャ・ソウォン(『二番目の夫』)、女性:オム・ヒョンギョン(『二番目の夫』)

【優秀演技賞】

ミニシリーズ部門 男性:イ・サンヨプ(『狂わなければ』)、女性:チャン・ヨンナム(『黒い太陽』)

一幕物部門 男性:チョン・ムンソン(『メビウス』)

単幕劇部門 男性:キム・ファンヒ(『目標ができた』)

【ベストカップル賞】

イ・ジュノ、イ・セヨン(『袖先赤いクットン』)

【助演賞】

男性:キム・ドヒョン(『黒い太陽)、女性:チャン・ヘジン(『袖先赤いクットン』)

【新人賞】

男性:カン・フン(『袖先赤いクットン』)、女性:キム・ジウン(『黒い太陽))

【功労賞】

イ・ドクファ(『袖先赤いクットン』、デビュー50周年)

【作家賞】

チョン・ヘリ(『袖先赤いクットン』)

本物のマルチグループ2PM」ジュノ、テギョン、チャンソンが揃ってドラマで大活躍!演技力までUP

韓国で話題沸騰中の2PMジュノ主演時代劇『赤い袖先』が日本初放送決定!2022年3月に先行放送へ

俳優ナムグン・ミン、役作りで14キロ増量した「逆三角形」の上半身披露【PHOTO】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集