永遠のCM女王は何位?韓国芸能界2021年CM出演料ランキング発表!

2021年11月20日 話題 #BTS #パク・ソジュン
このエントリーをはてなブックマークに追加

11月19日に韓国で放送されたKBS『年中ライブ』の、“チャートを走る女子”コーナーで明らかになった「2021年最も多い広告料を儲けたスター」ランキング。

改めて詳しく見ていこう。

8位は女優のユン・ヨジョンが選ばれた。ユン・ヨジョンは今年4月、韓国俳優として初のアカデミー助演女優賞を受賞し、広告界のブルーチップとして急浮上した。ユン・ヨジョンの広告出演料は1本当たり3億ウォン(約3000万)とされており、銀行、家電、洗剤など多様な広告を通じて、今年の広告出演収益だけで21億ウォン(約2億1000万円)稼いだと推定される。 

【関連】日本では渡辺直美が輝いた「CMクイーン」の座…韓国でCM出演が多かった美女は?【PHOTO】

7位は広告出演料1本当たり4億ウォン(約4000万円)で、今年は計28億ウォン(約2億8000万円)の収益を上げたイム・ヨンウン。6位は6カ月間で5億ウォン(約5000万円)の広告出演料をもらうなど、今年は50億ウォン(約5億円)の広告出演料を稼いだと推測されるBLACKPINKのジェニーが選ばれた。

KBS『年中ライブ』放送画面キャプチャー(写真=KBS)

5位はサッカー韓国代表ソン・フンミンが選ばれた。トッテナムのエースで世界的なサッカー選手であるソン・フンミンは最近、クラブとの再契約を通じて年俸160億ウォン(約16億円)をもらっているという。ソン・フンミンの広告出演料は1年基準で1本当たり10億ウォン(約1億円)で、今年は計6本の広告を撮って60億ウォン(約6億円)の広告料を稼いだと推測されている。

4位には、今年約77億ウォン(約7億7000万円)の広告料をもらったと推定される俳優チョ・ジョンソク。3位はフィリピンやインドネシアの広告界まで進出し、広告出演料収益だけで98億ウォン(約9億8000万円)を記録したパク・ソジュンが名を連ねた。

そして2位は女優のチョン・ジヒョンだった。彼女は数多くのレジェンド広告を生み出し、「永遠のCMクイーン」として知られている。衣類にジュエリー、シャンプー、食品まで、さまざまな広告に出ており、いわゆる「チョン・ジヒョン広告」という言葉まで生み出したほどの影響力を持つ。

KBS『年中ライブ』放送画面キャプチャー(写真=KBS)

チョン・ジヒョンの広告出演料は1本当たり10億ウォン(約1億円)で、今年は15社の広告に出演し、約150億ウォン(約15億円)の収益を上げたとされている。 

注目の1位は1本当たり50億ウォン(約5億円)の広告料で、計11社の広告に出演し、マクドナルドの収益料まで含めると今年計650億ウォン(約65億円)の広告料を稼いだとされる“世界的スター”BTSが選ばれた。

(記事提供=OSEN)

「もはや別人…」キム・ヨナが“くっきり二重”の花より美しい姿でファッション誌に登場【PHOTO】

「えっ、そんな理由で?」兵役を免除された20人の韓国芸能人を一挙紹介

BTS(防弾少年団)が2022年に同伴入隊か。「事実上の空白期間は約1年」の予想

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集