BTS(防弾少年団)が2022年に同伴入隊か。「事実上の空白期間は約1年」の予想

2021年04月21日 話題 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPグループBTS(防弾少年団)が、2022年に同伴入隊するという予想が出た。

【関連】BTSしか恩恵を受けられない?兵役法改正案の「あり得ない条件」

Leading投資証券のユ・ソンマン研究員は4月21日、レポートを通じて「最年長であるJIN(ジン)の入隊が近づいている」とし「最近は入隊を控えたアーティストが次のアルバムへの事前制作に参加することで空白を最小化しているため、BTSも入隊前に新譜の事前制作参加で、事実上の空白期間は約1年と予想される」と明かした。

また、「BTSはビートルズやマイケル・ジャクソンのようなレベルなので、兵役後にも持続的なヒットと収益を生み出すことが可能だ」と分析している。

BTSの入隊による空白は、同じレーベルに所属するSEVENTEEN、NU'EST、TOMORROW X TOGETHER、ENHYPEN、GFRIENDなどが埋めることと期待される。

昨年12月22日、韓国の国防部は満30歳まで入隊を延期できる対象者に「大衆文化芸術優秀者」を追加する内容の兵役法一部改正法律案を公布した。これを受け、文化勲章を受勲したBTSのJINは2022年まで入隊を延期することが可能になる。

もしBTSのメンバー全員が同伴入隊する場合、その時期は2022年半ばになる可能性が高い。

(写真=Big Hitエンターテインメント)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集