『イカゲーム』で電話番号に続いて口座番号も流出か…制作側は「事前に協力を得た」と否定

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題沸騰中のNetflixドラマ『イカゲーム』が、口座番号流出疑惑に対する立場を明らかにした。

【関連】『イカゲーム』ネタバレ事件にCreepy Nutsも反応

9月27日、『イカゲーム』側は韓国メディアOSENに「劇中に登場する口座番号は、制作段階から使えるように協力された内容」と明らかにした。

これに先立ち、韓国のとあるネットコミュニティには「『イカゲーム』456億口座の主人」というタイトルの投稿が掲載された。投稿者は『イカゲーム』に登場する口座番号は実際に存在する口座番号であり、無断で使用されたのではないかと主張していた。

これについて『イカゲーム』側は「コンテンツの制作過程で、事前に協力を得たあとに使った番号だ」と明らかにしている。

(写真=Netflix)『イカゲーム』ポスター

そして『イカゲーム』側は、併せて携帯電話の番号が流出した被害者に対しても、引き続き協議を続けていることを明らかに。番号流出被害者は、自身が使用中の携帯電話番号が『イカゲーム』に登場したため、日常生活が困難なほど電話とメールが殺到していることを明らかにしていた。

これについても『イカゲーム』側は、「番号の所有者と製作会社が、持続的に通話と対面ミーティングをしながら解決しようと努力している」と伝えている。

『イカゲーム』は、456億ウォン(約45億6000万円)の賞金がかかった謎のサバイバルゲームに参加した人々が最後の勝者になるため、デスゲームに挑戦するという作品だ。9月17日の公開以降、韓国Netflixのコンテンツ1位、韓国ドラマとしては初めてアメリカNetflixで1位を記録するなど、確かな人気を得ている。

(記事提供=OSEN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集