毎日増えるV.Iの疑惑…性接待に続き今度は中国の裏社会、日本人の実業家まで!!

2019年03月24日 話題 #V.Iスキャンダル
このエントリーをはてなブックマークに追加

V.Iに関する疑惑がまったく消えない。消えるどころか、時間が経つにつれて新たな疑惑が出てきて積もるばかりだ。

3月23日、SBSの報道追跡番組『それが知りたい』では、クラブ「バーニングサン」をめぐったV.Iの脱税疑惑や警察との癒着関係を集中的に取り扱っていた。

クラブ「バーニングサン」の株は、ホテル側であるチョンウォン産業が50%、V.Iと女優パク・ハンビョルの夫であるユ・インソク氏が代表を務めるユリホールディングスが20%、リンサ・モーという名の台湾投資者が20%、V.Iの友人であると同時にクラブ「バーニングサン」のイ・ムンホ代表が10%を持つといわれている。

『それが知りたい』情報提供者によると、クラブ「バーニングサン」は一日に約1億ウォン(約1000万円)以上、ひと月に最大30億ウォン(約3億円)を売り上げていたという。BIGBANGのメンバーとしてアジア圏一帯でその名が知られているV.Iは、自らの有名税を利用し、台湾、香港、日本などの海外投資家たちを誘致した。

(注目記事:すべてわかる!! V.Iスキャンダルまとめ。何から始まり、どんな疑惑が浮上しているのか

(画像=『それが知りたい』)

V.Iは、海外投資家に対する性売買あっせん容疑が明らかになり、その中心には「バーニングサン」があった。

歌手チョン・ジュニョンとV.I、チェ・ジョンフンらが名を連ねたカカオトークのグループトーク内でV.Iは「よく与える人たち」として海外投資家に接待を指示する対話をしている。接待を指示する会話の中には有名女優の名前が挙がったりもした。

クラブ「バーニングサン」のイ・ムンホ代表は、バーニングサンの1カ月の売上げが30億ウォンという疑惑を否定したが、『それが知りたい』に出演した会計士は、関連資料を見た後、「信頼できない」と一蹴した。

浮かび上がった日本人の実業家A氏とは…

タレこみ情報によると、クラブの脱税やさまざまな犯罪が見過ごされていた背景には警察の存在もあった。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事