女優チン・セヨン、新ドラマ『Born Again』選んだ理由は「斬新な設定」

2020年04月06日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優チン・セヨンが、韓国KBS2の新ドラマ『Born Again』(原題)に惹かれた理由と1人2役の役柄について語った。

チン・セヨンは本作で、1980年代と現代という2つの時間軸に生きる2人の人物を演じ、それぞれ違う魅力で視聴者を惹きつける予定だ。

【画像】チン・セヨンの清純ワンピース姿に反響

彼女は、「台本を読んだ時、ドラマの舞台がどんな所なのか鮮明に思い描くことが出来て、キャラクターの1人1人が生きている感じがした。そして、魂と魂が繋がっているという設定がとても魅力的に感じた」と、『Born Again』のしっかりとしたストーリーと、新鮮なテーマに愛情を示している。

チン・セヨンは劇中、1980年代の古本屋「古い未来」の店主で拡張性心筋症を患うチョン・ハウンと、遺骨の事情を明らかにしようとする現世の考古学者チョン・サビンを演じる。

「2人は見た目も性格もまるっきり違う。ハウンは落ち着いた性格でいつもスカート姿だが、サビンは活発でやや独特な世界観を持っていながら、服装も楽なパンツスタイルだ」

続けて「ただ、2人は“人の魂”については同じ信念を持っている。そのため他人に対して平等に接するという共通点がある」と説明し、「人間の魂は生まれ変わることができる」という言葉を信じる2人の共通点を上げた。

純粋さを持った2人の人物が、1980年代のコン・ジチョル(演者チャン・ギヨン)と、チャ・ヒョンビン(演者イ・スヒョク)、現代のチョン・チョンボム(演者チャン・ギヨン)と、キム・スヒョク(演者イ・スヒョク)とは、どのような縁で絡み合い、彼らの傷をどう癒やすのか、『Born Again』ならではの“転生ミステリー”ロマンスに期待が集まっている。

最後にチン・セヨンは、「『Born Again』は珍しいジャンルだと思う。魂と転生で過去と現在が結びつく内容なので、とても新鮮に感じられる作品。過去と現在の3人の男女がどのように出会い、どのように関わるのか、ご期待下さい」と視聴者に向けてメッセージを送った。

2度の人生で絡んだ男女3人の運命と復活を描く『Born Again』は、韓国KBS2にて4月20日よる10時から放送予定。

(写真提供=UFO Production、Monsterunion)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事