【公式】SUPER JUNIORヒチョルの脱退騒動を事務所否定「編集上の誤解」

2020年03月17日 話題 #SUPER JUNIOR
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気グループのSUPER JUNIORのメンバーであるキム・ヒチョルの脱退問題について、所属事務所が公式立場を明らかにした。

SUPER JUNIORの所属事務所Label SJ側は3月17日、「舞台に立てないだけで、アルバムやコンテンツにはそのまま参加しており、キム・ヒチョルは依然としてSUPER JUNIORだ。編集上に誤解の余地があったようだ」と伝えた。

【写真】ヒチョルの意味深インスタ投稿にファン感涙「いつ消えるか分かりませんが…」

これに先立ち、3月16日に放送されたJTBCの『77億の愛』で、キム・ヒチョルは過去の交通事故によりSUPER JUNIORとしての活動を中断したことを言及した。

キム・ヒチョルは「14年前に大きな交通事故に遭って左足を骨折した。それでもコンサートを続けて6、7年前にとても悪くなって病院に行ったが、“これから足が使えなくなるかもしれない、歩けなくなるかもしれない”と言われた」とし、「メンバーたちに“私はもうチーム活動ができなくなると思う。ダンス歌手としての寿命は終わった。申し訳ない”と伝えた」と明かした。

(写真提供=JTBC)キム・ヒチョル

続いて「メンバーたちが“(それが)何の関係か。舞台で踊らなくてもいい。皆でやっていけば乗り越えられる”と言ってくれた。とてもありがたかったが、これ以上迷惑をかけたくない。ここまでして他のほうで一生懸命に生きていくと伝えて、僕は離れた状態」と述べ、脱退ではないかとイシューになった。

しかし、これについて所属事務所側は速やかに立場を表明し、釈明に乗り出した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事