【全文】BTS(防弾少年団)、4月のソウル公演を中止へ。「当日の安全を保障できない」

2020年02月28日 話題 #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

BTS(防弾少年団)が、新型コロナウイルスの拡散防止に向けて4月のソウル公演を取り消した。

【関連】BTSのJUNGKOOK、圧倒的支持率で“末っ子アイドル”ナンバー1に

BTSの所属事務所Big Hitエンターテインメントは2月28日、「4月11から蚕室(チャムシル)オリンピックメインスタジアムで行われる予定であった『BTS MAP OF THE SOUL TOUR-SEOUL』の公演を中止する」と明らかにした。

同事務所はさらに、「新型コロナウイルスの世界的な拡散で、4月時点の感染・拡散状況が予測不可能」とし、「公演の人員や装備など、国家間も移動もさらに確実性が低くなる。自体は改善されるものと期待しているが、20万人の観客とアーティストの健康・安全を考慮して現時点で中止を決定することとなった」と慎重な姿勢を見せた。

チケットに関しては、公式予約サイトであるインターパークチケットを通じて順次全額払い戻しされる。

Big Hitエンターテインメントによる公式立場全文は、以下のとおり。

こんにちは。Big Hitエンターテインメントです。

4月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)に蚕室オリンピックメインスタジアムで開催予定の「BTS MAP OF THE SOUL TOUR-SEOUL」が中止となりますことをご案内申し上げます。

「BTS MAP OF THE SOUL TOUR-SEOUL」の公演は、多様なグローバル公演業者と世界各地の専門スタッフらが準備して、20万人の観客が訪れる予定でした。

しかし、新型コロナウイルスの世界的な拡散によって4月時点の感染病拡散状況が予測不可能であり、公演人員や装備など、国家間の移動も不安定な状態です。

事態は改善されるものと期待していますが、20万人の観客やアーティストの健康・安全を考慮したときに、万が一公演直前に中止となった場合の被害が大きいと判断しました。海外からの観客や公演の関係者、スタッフらの被害が増大しかねないため、やむを得ず公演を1カ月後に控えた今の段階で中止を決定いたしました。

新型コロナウイルスの拡散防止に向けた政府の集団行事自制指針、地方自治体の文化・体育施設関連措置に積極的に協力するという点で、深く悩んだ末に下した措置であることをご理解いただけますと幸いです。

すでにご予約されたチケットは、公式予約先のインターパークチケットを通じて順次全額払い戻しが行われます。払い戻し手続きのご案内をご確認いただき、詳細事項はインターパークチケットのホームページ(前売り詳細ページ)及びインターパークチケットお客様センター(1544-1555)からご確認をお願いいたします。

「BTS MAP OF THE SOUL TOUR-SEOUL」を楽しみにしてくださったファンの皆様に中止のお知らせをお伝えすることになり、心よりお詫び申し上げます。

ありがとうございます。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事