ソン・フンミンが3度の“一発退場”について言及「僕が求めていたことではなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソン・フンミン(トッテナム)がチェルシー戦の“一発退場”を振り返った。

ソン・フンミンは2019年12月23日に行われたプレミアリーグ第18節チェルシー戦で、相手DFアントニオ・リュディガーに衝突。その後の立ち上がる過程で足を振り上げ、それがリュディガーの腹部に当たり、審判から報復行為と見なされて一発レッドとなった。

【関連】危険タックルに続き…ソン・フンミンが9年ぶりの“不名誉記録”

3試合の出場停止処分を受けたソン・フンミンは、1月5日のFAカップ3回戦のミドルズブラ戦で復帰した。

ソン・フンミンは2019年の1年間で、なんと3度のレッドカードを受けた。昨シーズン第37節ボーンマス戦、11月4日のエバートン戦、そして前出のチェルシー戦だ。

エバートン戦の退場はトッテナムの抗議が受け入れられ、出場停止処分は免れた。しかしチェルシー戦でも退場しており、2010年リー・カッターモール(当時サンダーランド)以来9年ぶりとなる“1年に3回退場した選手”という不名誉を抱いた。

(写真提供=AP/アフロ)2019年12月23日のチェルシー戦で一発退場を宣告されたソン・フンミン

ソン・フンミンは英メディア『デイリー・メール』を通じて、チェルシー戦を振り返った。

彼は「3回もレッドカードを受けたことは、僕が求めていたことではなかった。このような状況を通じて教訓を得た」とした。

そして「3枚のレッドカードは本当に苦しかった。ボクシングデー(12月26日)の期間中、仲間たちが試合をしていることを見守るのは大変なことだった。戻ってこられてうれしい」と語った。

ソン・フンミンは戻ってきたが、トッテナムのエースであるハリー・ケインは負傷離脱した。トッテナムは1-1で終わったミドルズブラとのFAカップ3回戦を再び行わなければならない。

ソン・フンミンは「すでに過ぎ去ったことだ。今後のことに集中したい。それが一番重要なことだ」と強調した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集