FC東京チャン・ヒョンスに“韓国代表資格を永久剥奪”の処分。「兵役義務ねつ造」で

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国サッカー協会(KFA)が、兵役義務のボランティア活動の書類をねつ造したチャン・ヒョンス(FC東京)に対し、国家代表資格の永久はく奪と、罰金3千万ウォン(約300万円)の重い処分を下した。

韓国サッカー協会(KFA)は11月1日、ソウル市内のサッカー会館で公正委員会を開き、兵役特例のボランティア活動の書類をねつ造したチャン・ヒョンスに対し、「国家代表資格の永久はく奪と、罰金3000万ウォン(約300万円)の処分を下した」と発表した。

この問題によって11月にオーストラリアで行われる2度のAマッチに召集されなかったチャン・ヒョンスは、来年1月に開幕するアジアカップ出場はもちろん、今後韓国代表としてプレーできなくなった。

2014年の仁川(インチョン)アジア大会で金メダルを獲得して兵役免除の特例を受けたチャン・ヒョンスは、2017年12月から2カ月間、母校のサッカー部を指導したとして196時間のボランティア活動の証明書類を提出したが、疑わしい内容が見つかり騒動となると、結局チャン・ヒョンスは書類のねつ造を認めた。

チャン・ヒョンス

事件が発覚すると、チャン・ヒョンスは協会に11月のオーストラリア遠征のメンバーから自らを外すよう要請し、協会とパウロ・ベント監督は、事態を重く見てすぐにメンバーから外した。 

協会は公正委員会を開き、チャン・ヒョンスが今後、韓国代表ユニホームを着られないようにする厳しい処分を下した。

(関連記事:なぜ? FC東京チャン・ヒョンスに“代表資格剥奪”処分が下された2つの理由

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集