熊本、讃岐、札幌に在籍したチョ・ソンジンが31歳で現役引退。晩年は手術の後遺症「複視」に苦しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてロアッソ熊本、カマタマーレ讃岐、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)に在籍した韓国人DFチョ・ソンジンが、31歳で現役を引退することになった。

【動画】相手GK棒立ち…元Jリーガーの直接FKが韓国で話題

Kリーグ1(1部)の水原三星(スウォン・サムスン)ブルーウィングスは5月12日、来る14日にホームの水原ワールドカップ競技場で開催する第12節の城南(ソンナム)FC戦で、チョ・ソンジンの引退式を行うことを発表した。

1990年12月14日生まれのチョ・ソンジンは、高校卒業後の2009年にJ2リーグの熊本でプロデビュー。熊本には2011年まで在籍した後、2012年は当時JFL所属(現J3)の讃岐、2013年は当時J2(現J1)の札幌でプレーし、2014年に水原三星移籍を通じて母国復帰した。日本での通算成績はJ2通算89試合2ゴール、JFL通算30試合2ゴール。

Kリーグ移籍後は、兵役のため2016シーズンから2017シーズン途中まで義務警察チームの安山(アンサン)ムグンファ(現在は市民クラブの忠南牙山FCに転換)に在籍した以外は水原三星一筋を貫いた。

特に、2018シーズンにはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント準決勝第2戦の鹿島アントラーズ戦でゴールを決めるなど、不動の主力として活躍を披露した。韓国での通算成績はKリーグ1(1部)通算128試合3ゴール、Kリーグ2(2部)通算36試合。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)鹿島戦でゴールを決めた当時のチョ・ソンジン

チョ・ソンジンを苦しめた手術の後遺症

そんなチョ・ソンジンはキャリア晩年、1つの物が二重に見える「複視」の現象に苦しんだ。

原因は2015年8月のリーグ戦で負った眼底骨折。当時は2度の手術を経て、復帰後は問題なくプレーができていたが、それから約4年後の2019年、急激に手術の後遺症がチョ・ソンジンを襲った。

試合中にはボールが2つに見え、ゴーグルを着用しても焦点が100%合わず、不安を抱えたまま練習や試合に臨むしかなかった。

そのため、晩年は出場試合数が激減。2019年は10試合、2020年は9試合、2021年は6試合のリーグ戦出場にとどまり、2021シーズン終了後に契約満了で水原三星を退団した。

以降、後遺症による手術を4度行うも、状態が好転しなかったことから、31歳での現役引退を決断した。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)キャリア晩年、ゴーグルを着用してプレーするチョ・ソンジン

なお、引退式が行われる城南FC戦では、ファンのためにチョ・ソンジンのサイン会も開催する予定だ。

水原三星によると、キックオフ約2時間前の16時45分からサイン会の参加券が先着100人に配布され、17時30分から18時30分までサイン会が開催。以降、19時のキックオフ前に引退式が行われる。

チョ・ソンジンの引退式開催を伝えた水原三星のインスタグラムの投稿には、水原三星のサポーターから「チョ・ソンジン選手の献身を忘れません」「鹿島戦のゴールは今も忘れられません」「永遠の青い壁」「本当にお疲れ様でした」と労いのコメントが多く寄せられていた。

【動画】韓国全土に衝撃!日本人Kリーガーが決めた圧巻ハットトリック

【動画】相手GK動けず…天野純の“芸術的”フリーキックがコレ

【写真】Kリーグ1・2部全クラブのマスコットをご紹介!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集