シティやレアル、トッテナムも顧客!欧州で敏腕ふるう韓国人女性エージェントを知っているか

2022年01月12日 サッカー #欧州サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

「韓国から来たこの女性が、どうやってスーパーエージェントになったのか?」

【関連】英メディア「ソン・フンミンの評価が低い理由は“国籍”」

イギリスメディア『インディペンデント』は最近、上記のような見出しの記事を掲載した。彼女の名はカタリナ・キム。韓国名はキム・ナナとしている。

カタリナ・キム氏は、自身がCEOを務めるC&Pスポーツの前身であるカタリナ&パートナーズを2013年に設立。今や28人ものエージェントを抱える企業にまで成長している。

欧州サッカー界では彼女のことを“エージェント・レディ”と呼ぶ。2021年6月に韓国で発刊された彼女の自叙伝のタイトルも、「私はロンドンのエージェント・レディ」だ。

(写真=カタリナ・キムInstagram)

カタリナ・キム氏は選手のエージェントではなく、クラブ、リーグ、企業間の取引を担う。

最初の取引は、マンチェスター・シティの親企業であるシティ・フットボール・グループのクラブ買収作業だった。その後はトッテナムと韓国のタイヤメーカー、クムホタイヤとの契約を成立させ、マンチェスター・シティとネクセンタイヤ、アトレティコ・マドリードとヒュンダイ、リヨンとクムホタイヤのスポンサー契約締結を仲介した。

さらには、レアル・マドリードの韓国への事業展開にも貢献し、同クラブ初となる韓国アカデミー設立も成し遂げている。

女性エージェントは依然として少ない。「サッカー界の発展速度に比べて、女性の参与は非常に遅く発展している。ごく少数を除き、ほとんど影響のない役割にとどまってきた」という声もあるなか、カタリナ・キム氏は業界でもストレートに意見を出すことで高く評価されてきた。

(写真提供=C&Pスポーツ)左からマイケル・ドーソン、カタリナ・キム氏、レドリー・キング

カタリナ・キム氏は、「サッカーというスポーツにはプロセスがある。男性中心的で、白人のヨーロッパ人が支配していることも事実だ。ただ、彼らは私を受け入れた。女性はもちろん、アジア人の人材がさらに必要だ。自分のプロセスは自分で探さなければならない。誰もドアを締めてロックしたことがない。押収サッカー界とともに素晴らしい成果を上げてきた」と語っている。

【関連】アディダスが韓国Kリーグ2強の新サプライヤーに!その他クラブは?

【関連】スポーツカー1台分? ソン・フンミンが着用した高級腕時計が衝撃の価格!

【関連】Jリーグ勢撃破クラブの平均は1900万円!! 韓国Kリーグ年俸ランキングが公開に

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集