「韓国に屈辱を与えた」元サンフレッチェ広島・川辺のプレミア行きに韓国も注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー日本代表MFのプレミア移籍に韓国も注目している。

【写真】韓国代表選手の無礼な“握手拒否”

1月5日、イングランド・プレミアリーグのウルヴァーハンプトン(以下、ウルヴズ)は、スイス・スーパーリーグのグラスホッパー・クラブ・チューリッヒから、日本代表MF川辺駿(26)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は3年半となっている。

広島県出身の川辺は、Jリーグのサンフレッチェ広島、ジュビロ磐田でプレーしたあと、2021年にグラスホッパーへと移籍。欧州初年度からレギュラーに定着すると、18試合で4得点3アシストの結果を残した。今季終了までグラスホッパーへレンタルされる予定。

なお、移籍先のウルヴズに韓国代表FWファン・ヒチャン(26)が所属しているが、レンタルの身のため、2人が同じピッチでプレーするかは未定だ。

また川辺は、2021年3月に日産スタジアムで行われた日本対韓国の親善試合(0-3)に出場し、韓国に苦い思い出を作ったことでも知られている。

(写真提供=西村尚己/アフロスポーツ)3月25日の日韓戦での川辺

そのため、韓国メディアも今回の移籍について、「韓国に屈辱を与えた川辺、ファン・ヒチャンと同僚に」(『NEWSIS』)、「ファン・ヒチャンのウルヴァーハンプトン、日本代表MF獲得」(『ノーカットニュース』)、「ファン・ヒチャン所属のウルヴァーハンプトン、日本代表MF川辺駿獲得」(『Mediapen』)と題し、報じている。

“日韓戦”完敗の韓国代表を関係者はどう見た?「日本への先入観を捨てるべき」

韓国代表ファン・ヒチャンにリヴァプール、マンCが興味か、初挑戦のプレミアで躍動中

【動画】ウルブズファン、レンタル中のファン・ヒチャンに“応援歌”をプレゼント

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集