元清水、横浜FMの元韓国代表アン・ジョンファンが快挙!放送芸能大賞で「最優秀賞」に輝く

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてJリーグの清水エスパルス、横浜F・マリノスでも活躍した元サッカー韓国代表FWアン・ジョンファン(45)が、「2021 MBC 放送芸能大賞」で最優秀賞を受賞した。

【写真】アン・ジョンファンの美人奥様、「成長した長女」を公開して話題

12月29日に生放送で行われた「2021 MBC放送芸能大賞」では、バラエティ番組『戦わなければ幸いです』(原題)で活躍したアン・ジョンファンが最優秀賞に輝いた。

アン・ジョンファンは受賞に際し、「これまではスポーツ選手だったので授賞式には出席してこなかったが、番組制作陣の苦労を伝え、感謝の気持ちを伝えるために出席した」と伝え、そのほか共演者にも感謝の言葉を伝えていた。

『戦わなければ幸いです』は、極限の野生で一人暮らす自然人を芸能界の代表的な親友が訪ね、一緒に暮らす自給自足ライフを描いた月曜午後9時放送のバラエティ。ほかでは見られない芸能界の親友同士の仲の良さが見られることから継続的に視聴率が上昇しており、お茶の間の人気を集めている。

(写真=MBC)アン・ジョンファン

アン・ジョンファンは現役時代、2002年日韓W杯の決勝トーナメント1回戦イタリア代表戦でゴールデンゴールを決め、韓国代表のベスト4進出に大きく貢献した。現在はバラエティ番組に数多く出演しつつサッカー解説者も務め、今年3月には日本が3-0で勝利した“日韓戦”でも解説を担当した。

(記事提供=OSEN)

【写真】アン・ジョンファンの美人奥様、デート姿をセルフパパラッチ

【関連】アン・ジョンファン、W杯での活躍に再び脚光も賛否両論のワケ

【関連】「史上最大の強盗」日韓W杯の韓国対スペイン戦に非難の声…韓国の反応は?

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集