チームと自らの命運をかけて…Jリーグでも活躍した韓国サッカーのレジェンド、仁川監督就任の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加

Kリーグ22つのチームの中で唯一、正式監督が不在だったK1最下位の仁川(インチョン)ユナイテッドが、2002年ワールドカップ4強神話の主役であるユ・サンチョル監督を新たに指揮官として選任し、生存競争に乗り出す。ユ監督としても仁川はもちろん、自身の指導者としての命運もかけた航海に打って出る。

仁川は5月14日、ユ監督の選任を公式発表した。

クラブ側は「P級ライセンスを保有する複数の候補群を対象に選任作業を進めた結果、選手としてはもちろん、指導者としても豊富な経験を持つユ監督に指揮を任せることにした」と明らかにした。

(関連記事:今だからこそ知りたい!! 韓国人Jリーガー、あの人たちは“いま”

4月15日にノルウェー出身のヨルン・アンデルセン監督を成績不振で更迭した後、1カ月ぶりに新しい指揮官を迎え入れることになった。

仁川はアンデルセン監督と決別した後、イム・ジュンヨン首席コーチに監督代行を任せていた。しかし、イム監督代行はA級ライセンスを持っているだけで、仁川は60日以内に新監督を選ばなければならない状況だった。

クラブは生存競争に長けた専門家や地元出身の指導者などに絞って悩んだ末、ユ監督を指名して交渉を進めた。ユ監督は15日に選手団と顔合わせて練習を指揮するなど、監督業務を本格的に開始している。

ユ監督は韓国のサッカーファンたちには説明不要の元スター選手だ。

1998年ワールドカップのベルギー戦で同点ゴールを、2002年ワールドカップのポーランド戦でゴールを記録し、韓国サッカー史初のワールドカップ2大会連続得点記録者となった。

Aマッチ122試合に出場、18ゴール。特に2002年ワールドカップの際には4強神話の中枢的な役割を担当した。

プロでもKリーグの蔚山現代をはじめ、横浜F・マリノス、柏レイソルなどで12年間活躍した。MFだけではなく、センターバック、サイドバック、ストライカーなど、GKを除いたすべてのポジションを消化し、“元祖マルチプレーヤー”として有名だった。

監督ユ・サンチョルの苦難。仁川がラストチャンスとなるか

ただ、華麗な選手時代と違って、指導者になってからはまだ日の目を見ることができていない。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事