元札幌ク・ソンユン、韓国2部年間ベスト11のGK部門に選出!「僕の前でプレーする10人のおかげ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

元北海道コンサドーレ札幌の韓国代表GKク・ソンユン(27、金泉尚武)が、2021シーズンのKリーグ2(2部)最高の守護神に選ばれた。

【関連】ク・ソンユンが韓国で明かした“札幌愛”

Kリーグを管轄する韓国プロサッカー連盟は11月18日、ソウル上岩洞(サンアムドン)のヌリクムスクエアで「HANA 1Q(ハナワンキュー)Kリーグ2 2021大賞授賞式」を開催。

ク・ソンユンは年間ベストイレブンのGK部門に選出された。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ク・ソンユン(右)

兵役義務遂行のため、今シーズンから国軍体育部隊傘下のサッカーチームである金泉尚武(キムチョン・サンム)に在籍しているク・ソンユン。今季はリーグ戦18試合に出場して10度のクリーンシート(無失点)を達成し、チームの1部昇格に貢献した。

ク・ソンユンはリーグ全体で2番目に失点の少ない(36試合34失点)金泉尚武の守護神として立ちはだかった。攻撃面でも存在感を発揮しており、第14節の全南(チョンナム)ドラゴンズ戦では正確なパントキックから味方のゴールをアシストしている。

なお、2021年3月8日に入隊したク・ソンユンは2022年9月7日に除隊を予定しており、除隊後は前所属チームの大邱(テグ)FCに復帰する予定だ。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ク・ソンユン
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)ベストイレブン選出の感想を語るク・ソンユン

ク・ソンユンはベストイレブン選出に際し、「まだまだ足りないところの多い自分に賞をくださり感謝している。受賞の喜びは僕の前でプレーする10人の選手含むチームメイトとともにしたい。僕を信じて起用してくれたキム・テワン監督とGKコーチに感謝したいし、常に物心両面でサポートしてくださる後援会の皆様と、愛する妻にも感謝の言葉を伝えたい」と感想を伝えた。

【関連】ガンバ大阪DFキム・ヨングォン、蔚山現代と4年契約で合意か

【関連】元鳥栖、鹿島チョン・スンヒョンが語る“Jリーグ時代の思い出”

【関連】北朝鮮代表FW安柄俊が快挙!韓国2部史上初の2年連続“3冠”達成

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集