Jリーグで活躍した元韓国代表チェ・ヨンスが監督復帰!2部降格危機の江原FC新指揮官に就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)、ジュビロ磐田で活躍し、“トクスリ(鷲)”の愛称で知られた元韓国代表FWチェ・ヨンス(48)が、韓国Kリーグ1(1部)で新たに指揮を執る。

【関連】チェ・ヨンス、バラエティ番組で“甘々”結婚生活公開

江原(カンウォン)FCは11月16日、第9代目となる新監督にチェ・ヨンスを選んだことを発表した。

現在12チーム中11位と昇降格プレーオフ圏内に位置する江原FCは、今月4日に成績不振を理由に2018年からチームを率いたキム・ビョンス監督を解任。以降、キム・ヒョンジュンコーチが監督代行を務める間に後任を探していた。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)チェ・ヨンス監督

チェ・ヨンス監督はこれまで選手、指導者の両方で結果を残してきた。

1994年にLGチータース(現FCソウル)でプロデビュー後、ジェフ千葉、京都、磐田とJリーグで得点を量産。韓国代表でも1996年アトランタ五輪、1998年フランスW杯、2002年日韓W杯に出場し、国際Aマッチ69試合27ゴールと、韓国の看板ストライカーとして活躍した。

2006年にFCソウルで引退後はコーチとして入閣し、2011年の監督代行を経て2012年から監督に就任。以降、2016年までにKリーグ優勝、FAカップ優勝、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準優勝などを果たした。

その後は中国の江蘇蘇寧でもリーグ準優勝とカップ準優勝を経験。2018年のシーズン途中には降格危機に喘いだFCソウルの監督に再就任し、チームを残留させると、翌2019年はリーグ3位でACL出場権を確保した。ただ、2020年途中、成績不振を理由にFCソウルの監督を辞任していた。

約1年4カ月ぶりに指揮を執るチェ・ヨンス監督は来る11月18日、江原FCオーナーのチェ・ムンスン江原道知事と初対面した後、記者懇談会で今後の計画と意気込みを伝える予定だ。

【写真】ソン・フンミンに恋人は?韓国代表の「美女パートナー」一挙紹介

【関連】ホン・ミョンボがペレに“サイン入りユニホーム”をプレゼントした理由

【関連】「幼い頃から競争した仲」イ・ガンインが久保建英とのコンビに期待

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集