ソン・フンミンの逆サイドに…トッテナム新指揮官が“肉弾戦車”の獲得を希望か

このエントリーをはてなブックマークに追加

トッテナム新指揮官の座に就いたヌーノ・エスピリト・サント監督が、強靭なフィジカルを誇るアタッカー、アダマ・トラオレ(25、ウォルヴァーハンプトン)に高い関心を示している。

デイリーメールは8月2日(日本時間)、「トッテナムはアダマ・トラオレに高い関心を持っている。ヌーノ・エスピリト・サント監督が獲得を望んでいる」と報道。

続いて、「トッテナムは今夏のターゲットとしてトラオレを挙げている。ウォルバーハンプトンはトラオレにオファーがあれば売る覚悟だ。移籍金は、リヴァプールがディオゴ・ジョッタ(24)に支払った4500万ポンド(約4500万ポンド)とほぼ同じ水準が欲しい」と伝えた。

トッテナムは左ウイング、ソン・フンミン(29)の逆サイドに配置する選手に頭を悩ませている。既存戦力のルーカス・モウラ(28)、スティーブン・ベルフワイン(23)とともに、先立って獲得したブライアン・ヒル(20)など、頭数はいるものの、絶大な信頼を寄せられているとは言い難いのが現状だ。

【話題】ソン・フンミンが東京五輪に来れなかったワケ

(写真提供=韓国サッカー協会)トッテナムのソン・フンミン

ヌーノ監督はトッテナムの指揮官着任にあたって、ソン・フンミンの再契約を強く要請し、続いてトラオレの獲得を希望しているようだ。

ウルブズとの契約を2023年まで残しているトラオレには現在、トッテナムだけでなくリヴァプールとASローマも関心を寄せている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集