女子シングルスで伊藤美誠と激突!“中国からの帰化選手”韓国のチョン・ジヒとは【東京五輪】

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日(7月28日)行われる東京五輪卓球の女子シングルス準々決勝で伊藤美誠(20)と対戦するチョン・ジヒ(28)は、中国出身の韓国代表選手だ。

【写真】韓国選手団の弁当の中身は?給食センターはどんな場所?

去る2011年、ポスコエナジーの女子卓球チームが創設された際に韓国帰化を決断。その後、2014年仁川アジア大会の混合ダブルス、2018年ジャカルタ・アジア大会の女子団体とシングルスで銅メダルを獲得した。

オリンピックには前回の2016年リオ大会に出場したが、惜しくもメダル獲得はならなかった。今回の東京五輪でも、混合ダブルスで準々決勝敗退に終わっている。

今年で帰化10年目。チョン・ジヒにとって最後のオリンピックとなるかもしれない東京五輪で、彼女は有終の美を飾ることを望んでいる。女子シングルスで自身初のオリンピックメダルを獲得することだ。

(写真提供=ロイター/アフロ)チョン・ジヒ

チョン・ジヒは27日、3回戦でフランスのジアナン・ユアン(36)、4回戦でオーストリアのジャ・リュウ(39)に勝利し、準々決勝進出を果たした。伊藤との対戦は、女子シングルス準決勝で敗れた今年3月のWTTスターコンテンダー以来となる。

来る伊藤との対戦を控え、ポスコエナジーでチョン・ジヒを指導してきたキム・ヒョンソク監督は、「伊藤美誠はサーブがとてもハードだ」とし、「レシーブさえ上手くできれば勝算がある」と見通した。

伊藤とチョン・ジヒの対戦は本日午後3時にスタート予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集