ACLで名古屋に完敗の浦項、ジョホールとの2連戦はグループ突破へ“絶対に負けられない”戦いに

2021年06月28日 サッカー #Kリーグ #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

浦項(ポハン)スティーラースのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ突破は、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)との2連戦にかかっているといっても過言ではない。

【関連】浦項指揮官「ACLに強いチームも弱いチームもない」

キム・ギドン監督率いる浦項はグループG第1節でラーチャブリー(タイ)を2-0で下し、6年ぶりのACLを幸先よくスタートした。しかし喜びもつかの間、第2節の名古屋グランパス戦はDFシン・グァンフン(34)の累積退場もあり、0-3の完敗を喫した。

2試合を終えて1勝1敗(勝ち点3)の浦項は、ジョホールと勝ち点で並ぶも得失点差で3位に落ちた。

今季ACLは各グループ1位が決勝トーナメントに自動進出し、2位は成績上位3チームが進むことができる。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)名古屋グランパス対浦項スティーラース

Kリーグチームに勝利経験のあるジョホール

まだ先の話とはいえ、浦項がグループステージを突破するにはジョホールとの2連戦での勝利が必須となった。

浦項は本日(6月28日)と7月1日にジョホールと連続で戦う。ジョホールは浦項にとって決して越えられない山ではないが、かといって侮れる相手でもない。ジョホールは2014シーズンから国内リーグ7連覇とマレーシア屈指の強豪であり、今シーズンも13試合9勝3分1敗で首位を走っている。

ジョホールは昨シーズン、新型コロナウイルス感染症の影響でマレーシア政府が出国を認めずACLの後半戦を辞退したが、中断以前には水原三星(スウォン・サムスン)ブルーウィングスを2-1で撃破していた。

非情に粘り強い戦いで相手を苦しめるスタイルで、今季ACLでも終了間際の失点で敗れたものの、初戦で名古屋を後半終盤まで苦しめる底力を発揮。第2節ではラーチャブリーを1-0で下している。

ラーチャブリーがすでに2敗を喫したなか、浦項とジョホールが事実上の2位争いを繰り広げるものとみられる。そのため、ジョホールとの2連戦で最大限勝ち点を確保できれば、浦項が今後の順位争いで有利な位置を占めることができる。

ジョホールとの2連戦後は7月4日にラーチャブリーと再戦。第1戦で勝利した相手なだけに、大きな問題はないだろう。

ただ、本日のジョホール戦はシン・グァンフンが出場できない点が懸念だ。キム監督がどのような采配でジョホールという山を越えられるのか、午後11時キックオフの試合に注目したい。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集