MLB先発投手格付け評価でリュ・ヒョンジン53位。ダルやマエケン、菊池の順位は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの野球統計専門サイトが、ドジャースに所属するリュ・ヒョンジンを今季MLB先発発投手ランキングの53位にした。

『ファングラフ・ドットコム』は2月5日(日本時間)、今季MLBで先発起用が予想される投手を120位までランク付け、リュ・ヒョンジンは53位になった。30球団の先発投手を対象に順位をつけたことを考慮すれば、かなり高い評価を受けたといえる。

(注目記事:「天と地」侍ジャパンと野球韓国代表にあまりに大きな差が生じているワケ

昨季15試合に登板して82回1/3イニングを消化したリュ・ヒョンジンは、7勝3敗・平均自責点1.97、イニングあたりの出塁許容率(WHIP)1.01の好成績を残した。

ただ負傷で試合出場数が足りなかった。『ファングラフ・ドットコム』もリュ・ヒョンジンの負傷履歴を懸念したが、昨年の勢いを今季シーズン序盤でも続けられれば、さらに順位が上がることも期待できる。

なお、1位はマックス・シャージャー(ワシントン・ナショナルズ)。ジェイコブ・デグロム(ニューヨーク・メッツ)とクリス・セール(ボストン・レッドソックス)がそれぞれ2、3位につけた。

ドジャースでは、クレイトン・カーショウが10位、ウォーカー・ビューラーが14位、ロス・ストリップリングが36位、リッチ・ヒルが45位、前田健太が46位と、リュ・ヒョンジンより高い評価を受けた。

『ファングラフ・ドットコム』

アジア選手のなかではダルビッシュ有(シカゴ・カブス)が昨季の不振にもかかわらず、28位で最も高い順位となった。田中将大(ニューヨーク・ヤンキーズ)は33位、今年MLBに進出した菊池雄星(シアトル・マリナーズ)は58位につけた。

昨年まで韓国プロ野球のSKワイバーンズでプレーしたアリゾナ・ダイアモンドバックスのメリル・ケリーは105位だった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事