「格下ベトナムに日本は屈辱」との評価も。日本対ベトナム戦、韓国では異例の視聴率!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

パク・ハンソ監督が率いたベトナム代表と日本代表が対戦した2019年アジアカップ準々決勝のテレビ中継視聴率が14%を記録した。

1月25日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、ベトナムと日本の試合中継放送視聴率は14.598%(有料世帯基準)を記録したという。

(関連記事:歴代“サッカー応援美女”を一挙紹介!! 【PHOTO】

ベトナム代表は12年ぶりにアジアカップ8強に進出し、韓国でも大きな関心を集めた。特にベトナム代表を韓国人のパク・ハンソ監督が率いていたことで、ベトナム対日本戦は韓日代理戦のような性格を帯びるようになり、韓国では試合前からベトナムに対する一方的な応援のメッセージが殺到した。


客観的に戦力面で日本とは大きな開きがあったベトナムが、0-1で惜敗した。

しかし、多くの欧州組が属する日本と対等に戦ったということと、フィールドゴールを許さなかった点で、ベトナムは高く評価されている。

むしろ、格下のベトナム相手に実力を発揮できなかった日本が屈辱を受けたという評価が出るほどとなった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集