新型コロナの累計感染者が2000万人に到達の見込み、韓国国民5人のうち2人が感染の計算に

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月2日、新型コロナの新規感染者数が105日ぶりに最多を更新し、11万1789人を突破した韓国では、累計感染者数も2000万人を超える見通しだ。

【注目】K-POPグループの日本人メンバーもコロナ感染…来日ならず

2020年1月に韓国で初のコロナ感染者が出てから2年6カ月が経った現在、全体人口で5人のうち2人が新型コロナの陽性判定を受けた計算となる。

8月2日、中央防疫対策本部によると、同日0時基準で新型コロナの新規感染者は11万1789人増え、累計1993万2439人になったという。2000万人まで6万7561人だが、最近の増加傾向を考慮すると、2日の夕方頃には2000万人に達する見通しだ。

2020年1月20日に韓国国内で初めて感染者が発生したあと、累計感染者数は約1年2カ月後の2021年3月24日に10万人となり、それから10カ月半後の2月5日に100万人を超えた。

韓国のコロナ検査の様子

以後、オミクロン株大流行の影響で感染者が急増し、2022年3月8日に500万人台に到達。14日後の22日に1000万人、17日後の4月8日に1500万人を突破した。

オミクロン株の流行後、拡散傾向は一旦収束を見せたが、7月末から増加速度が上がり、1500万人から2000万人になるまでは116日がかかった。

感染者1000人のうち4~5人は再感染した事例だ。7月17日までの累計感染者のうち、再感染推定事例の割合は0.464%と集計されている。再感染推定事例は8万6092人で、3回感染した人も119人いた。

再感染者の重複集計を考慮しても、韓国の人口(5163万人)の40%近くは防疫当局から新型コロナの陽性判定を受けたのだが、本人も知らないうちに感染していた、もしくは、症状があっても検査を受けていない隠れた感染者を考慮すると、実際に感染経験のある人はこれよりも遥かに多いと予想される。

防疫当局は今夏の流行の最大規模を、1日あたり28万人と見たが、最近、拡散傾向が停滞すると、ピークの新規感染者が20万人レベルに達する可能性もあると慎重に予測している。数理学者の間でも、当初の懸念より流行ピーク水準が低い可能性があるという予想が出ている。

韓国で“葉っぱ”1枚が10万円以上で取引されているワケ、専門家は警鐘

「僕の彼女!」日本不買運動もTENGAが大人気の韓国

北朝鮮のコロナ感染者、“脱北者で強姦”容疑の過去も

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集