“疑惑まみれ”妻の影響なし?韓国野党の大統領候補の関連株が急騰、支持率もアップでトップに

2022年01月17日 社会 #韓国政治
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の野党「国民の力」ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領候補の妻キム・ゴンヒ氏の通話録音の一部が公開されたにもかかわらず、大きなダメージを与えるような内容がなかったという評価とともに、ユン候補の“テーマ株”(話題のテーマに関する企業の銘柄をまとめる株式の分類方法)が急騰している。

【画像】韓国ファーストレディ候補が犯罪者のように逃走…数々の疑惑

1月17日10時頃、韓国証券市場「KOSDAQ(コスダック)」でユン候補のテーマ株と分類されたヒリムは、前営業日より30.00%高の7930ウォン(約793円)で取引を行っている。また、クラウン・ヘテ・ホールディングス(24.31%)、NOROOペイント(13.70%)、熊津(ウンジン)(5.18%)、WAPS(18.77%)など、ユン候補のテーマ株が急上昇した。

ユン・ソギョル候補

一方、「国民の党」アン・チョルス(安哲秀)大統領候補のテーマ株は急落。アン候補が創業した会社で大株主であるアンラボ(-13.89%)をはじめ、カミュイ・アンド・シー(-16.77%)、サニー電子(-15.39%)などが10%以上下落した。

なお、MBCの時事番組『ストレート』は16日、ユン候補の妻キム・ゴンヒ氏が、YouTubeチャンネル「Voice of Seoul」のイ・ミョンス記者と交わした“7時間通話”の一部を公開した。

この通話記録でキム・ゴンヒ氏は、政治懸案全般についての見解を明らかにし、自身をめぐる疑惑に反論。しかし、今回の録音はユン候補にとって致命的なダメージにはならなかったという評価だ。

そして、韓国の世論調査会社「リアルメーター」が17日に調査したデータによると、ユン候補が誤差範囲外の優勢を見せるという結果が出た。ユン候補の支持率は1週間前よりも6.5%上昇した40.6%となり、「共に民主党」のイ・ジェミョン(李在明)候補は3.4%下落して36.7%となっている。

日本の“オミクロン株”確認のニュースに新規感染者急増の韓国が反応「隣接国として…」

韓国大統領候補がまたもや失言…“嘲笑コメント”が数千件に「これは20世紀の話か?」

支持率No.1韓国大統領候補の公約に“薄毛コミュニティ”が大熱狂「もう髪が生えてきた感じがする」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集