韓国ではコロナ新規感染者が2日連続4000人台…重症者数は減少傾向、3回目接種率は全人口の4割近く

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国では新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向を維持し、1月6日には重症者数が800人台に下がった。新規感染者は4126人と、木曜日基準で6週間ぶりに4000人台となった。

【関連】そこまでやる?韓国の外食・映画・イベント制限

中央防疫対策本部は同日0時基準で、新規感染者が4126人増え、累計感染者数が65万3792人となったと発表した。

2日連続の4000人台であり、前日(5日)の4444人より318人減少している。1週間前の2021年12月30日(5034人)より908人少なく、同じ木曜日では同年11月25日の3937人以来、6週間ぶりに5000人を下回った。

重症者数は882人で、前日(953人)より71人減少した。重症者数が800人台まで下がったのは24日ぶりのことだ。

全国の重症者用の病床稼働率は、前日17時基準で54.8%(1726カ所のうち946カ所が使用)、首都圏の稼働率は56.0%で、自宅療養者は全国で2万618人となった。

韓国のコロナ検査の様子

なお、韓国国内における新型コロナワクチン接種完了率は同日0時基準で83.8%(累計4275万7523人)であり、3回目接種(ブースター接種)の完了率は全人口の38.3%(1967万3906人)となった。

日本の“オミクロン株”確認報道に韓国が反応「隣国として…」

BTSのJINとRMがコロナから回復「昼12時から日常活動が可能に」感染した3人全員が隔離解除

韓国のコロナ防疫パス、施行初日にアプリエラーで大混乱

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集