【写真】“新型コロナ疑惑”の人気女子アナが検査結果を公開…朝のニュース番組も放送再開

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気女子アナウンサーのキム・ミナが発熱症状で新型コロナウイルスの検査を受けた結果、陰性判定を受け、彼女が出演中の朝のニュース番組『朝&』(JTBC)も放送を再開した。

【写真】韓国の「美しすぎる女子アナ」を一挙紹介

2月25日午前に放送された『朝&』でイ・ジョンホンキャスターは、キム・ミナの健康状態に関するニュースを伝え、「万が一の事態に備えて『朝&』ニュースチーム全体が自主的に自宅隔離に入り、陰性判定を受けたことで、放送を再開した」と明らかにした。

キム・ミナは3月2日から同番組に復帰する予定だ。

先立って2月23日、キム・ミナは「2020リーグ・オブ・レジェンドチャンピオンズ・コリア」(LCK)中継中に、微熱の症状で途中退場した。

キム・ミナは同日、インスタグラムを通じて「37.5度を少し上回る熱と疲労があった」と伝え、「心配する症状ではなかったし、可能性も低いが、勝手な判断はできないという思いですぐに現場を離れた。最良の選択であると思うし、指針に従って行動した」と説明した。

(写真提供=JTBC)キム・ミナ

それによってキム・ミナが出演する『朝&』が2月24日に放送を休止。制作スタッフも隔離に入った。幸いなことに2月24日午後、キム・ミナは陰性判定を受けた。彼女はSNSを通じて検査結果を発表した。

キム・ミナはインスタグラムを通じて、新型コロナウイルスの検診を受け、陰性の判定が出たと明らかにし、「検査結果が出るまですごく辛かった」と告白した。

また「ちょっとした症状でも敏感に反応しなければならないと判断したが、すぐに感染を広げたという非難も受けた。それでもしっかり対応できたと思う」とし、「判定とは別に対外活動は数日間見送り、気をつけたい」と伝えた。

キム・ミナは休息を取った後、放送に復帰すると発表した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事