俳優ハ・ジョンウ、新作映画で初挑戦づくし!“シングルファザー役”、“初のミステリー”

2020年01月20日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『神と共に』シリーズで知られる俳優ハ・ジョンウが、韓国の新作映画『クロージェット』(原題)で初のミステリーに挑戦する。

【インタビュー】ハ・ジョンウが語る「ラブコメが恋しい」理由とは

『クロージェット』は、引っ越してきた新居から跡形もなく消えた娘を探す父と、「事件の秘密を知っている」と彼のもとを訪ねる謎の男が繰り広げる物語だ。

2005年に『許されざるもの』で映画初主演を飾ったハ・ジョンウは、連続殺人鬼役で強烈な印象を残した『チェイサー』に続き、『国家代表!?』『悪いやつら』『ベルリンファイル』『暗殺』などで幅広い役柄を演じてきた。

犯罪、スリラー、アクション、災難、ラブストーリーと、あらゆるジャンルを経験してきた“ジャンルマスター”のハ・ジョンウが、今回の『クロージェット』では初のミステリーに挑戦。

妻の事故死後、娘と二人暮らしをすることになったシングルファザー、サンウォン役に扮し、ある日突然行方不明になった娘を探す過程での絶望と、ミステリーな存在と向き合う恐怖などを演じる。

本作のメガホンを取るキム・グァンビン監督は、クランクイン初日を振り返り、「彼はマンネリに陥ることなく、ずっと悩み続ける俳優」と、ハ・ジョンウを称賛。彼の新たな挑戦に期待を高めた。

映画『クロージェット』は、2月5日に韓国公開予定。

(写真提供=CJエンターテインメント)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集