メタリカ、コールドプレイ、EXOにSuperMらが出演の大型ライブがソウルでも!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

SMエンターテインメントが創始者イ・スマンプロデューサーと共同で、“21世紀版ライブ・エイド”と呼ばれる最大規模のチャリティコンサート『グローバルゴールライブ: Global Goal Live:The Possible Dream』をソウルに誘致した。

ソウル公演総監督であるイ・スマンPD、SMエンターテインメントのキム・ヨンミン総括社長、今回の公演を主催するグローバルシチズンのサイモン・モスCo-Founder、メッジ・トーマスGlobal Policy&Government Affairs、ソウル公演を運営するドリームメーカー社のキム・ソンハク代表などは11月19日(アメリカ現地時間)、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンで会い、『グローバルゴールライブ』のアジア大陸を代表する開催地として、韓国・ソウルが確定したと発表した。

ライブは2020年9月26日、大規模な公演として行われる。

【関連】7500人に集計!! 北米大陸やヨーロッパ国別で最も人気がある韓流スターは?

『グローバルゴールライブ』は、2030年までに全世界193カ国の国連加盟国の首脳と政府、慈善家、民間団体などが力を集めて貧しい国々に向けて基金を設けるグローバルシチズンが、特別に企画した世界最大の慈善公演だ。

グローバルシチズンは2009年から現在までの10年間、各国家や企業から56兆6千億ウォン(約5兆6600億円)相当の寄付金などを後援してもらい、全世界8億8000万人余りの人々への慈善活動を行ってきた。

特に『グローバルゴールライブ』は、音楽とキャンペーン運動を通じて飢餓、不平等、環境汚染などの問題に対する人々の共感を形成し、これら諸問題の認識変化を促すために開催される意味のあるグローバル慈善公演として、北米、南米、欧州、アフリカ、アジアなど全世界5大陸で同時に行われる世界最大音楽フェスティバルとして企画されており、10時間にわたって全世界に生中継される予定だという。

ソウル公演の総監督を務めるプロデューサーのイ・スマンは、世界を変化させる音楽の力を伝えられるよう意義深い公演を完成させたい計画だという。

イ・スマン

ニューヨークのセントラルパーク、アフリカのナイジェリア・ラゴスが公演開催地として発表されたのに続き、韓国ソウルが追加で公開されており、Coldplay、Metallica、 Muse、Usher、Red Hot Chili Peppers、EXO、Alicia Keys、BoA、ビリー・アイリッシュ、ファレル・ウィリアムス、SuperMなど世界的なスターたちがヘッドライナーとして発表され、世界各国のファンたちの熱い関心を集めている。

イ・スマンPDは、「地球最大規模のチャリティー公演を、アジア大陸を代表して韓国のソウルに誘致することができて嬉しい。公演総監督として、アジアはもちろん、全世界の参加アーティストや観客、視聴者の方々が一丸となって、世界が直面する問題についてともに悩み、お互いのために分かち合いを実践する意味のある公演にしたい。関心と声援をお願いしたい」と感想を述べた。

また、グローバルシチズンを代表してマジー・トーマスは「韓国のソウルでも開催することになった。K-POPのアーティストと音楽は、アジアはもちろんグローバル音楽市場においても大きな影響力を持っており、文化と人々との障壁を崩している。K-POPを愛するファンも一緒にキャンペーンに参加し、各地域のリーダーたちも実質的な約束ができる特別なプラットフォームを提供できて嬉しい」と明らかにした。

なお、グローバルシチズンは、アメリカ前大統領夫人のミシェル・オバマ、ビル・ゲイツ、スウェーデンのシルヴィア王妃、俳優のヒュー・ジャックマン、レオナルド・ディカプリオなど、多くの有力人物や政治家も参加するグローバルキャンペーンとなっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事