豊川悦司、常盤貴子の『愛していると言ってくれ』が韓国リメイク、チョン・ウソンは10年ぶりドラマ主演

2022年09月22日 話題 #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の名作ラブストーリーが韓国でリメイクされる。

【注目】“現地化”も効果なし? 日本原作のリメイク作が韓国で不振のワケ

NEW(ネクスト・エンターテインメント・ワールド)のコンテンツ製作事業系列会社スタジオ&ニューと、俳優チョン・ウソン、イ・ジョンジェが共同代表を務めるアーティストスタジオが共同製作する『愛していると言ってくれ』(仮題)に、チョン・ウソンと、『賢い医師生活』などで知られる女優のシン・ヒョンビンがキャスティングされた。

本作は、豊川悦司、常盤貴子が主演を務め、第33回ギャラクシー賞テレビ部門大賞など多くの賞を獲得した名作ドラマた『愛していると言ってくれ』(1995年、TBS系列)をリメイクするものだ。

チョン・ウソンは10年ぶりドラマ主演

 

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集