張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の息子を産んで起こった騒動とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

1688年10月27日、一介の女官から粛宗(スクチョン)の側室になっていた張禧嬪(チャン・ヒビン)が王子を出産した。それが、後の20代王・景宗(キョンジョン)である。粛宗にとっては、27歳になって初めての息子だった。彼の喜びも尋常ではなかった。

(関連記事:あの朝鮮王朝「三大悪女」の最期はこんなにも悲惨だった!

粛宗は生まれたばかりの息子を早く「元子(ウォンジャ)」にしたいと考えた。王の後継者のことは正式に世子(セジャ)と言うが、その世子になる第一の候補が元子なのである。

1689年1月10日、粛宗は重臣たちを招集した。息子を元子にすることを認めさせるためだった。

ドラマ『チャン・オクチョン』に登場する張禧嬪(女優:キム・テヒ)

ただし、王子が生まれてまだ2カ月半しか経っていなかった。しかも、側室が産んだ子供であることが重臣たちを悩ませた。この時点で正室の仁顕(イニョン)王后は21歳だった。病弱とはいえ、これから子供をもうける可能性も十分高かった。

「もう少し様子を見て、王妃が王子を産むのを待つべきです」

それが多くの重臣たちの率直な気持ちだった。それを受けて、粛宗は居並ぶ重臣たちを見回してからこう言った。

「後継者をまだ決められないので民心が落ちつかないようだ」

粛宗はさらに言った。

「今日こそ元子を決めたいと思っている。もし異議をとなえようとする者がいるなら、官職を返上してただちに立ち去れ!」

反対を認めないほど口調が強硬だった。

重臣たちは「イエスマン」ばかりではなかった。彼らは官職と命をかけて王に意見することもいとわなかった。それが朝鮮王朝の伝統でもあり、そうした見識をもっていたからこそ、高官たちは王に対しても強い影響力を保持できたのだ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事